垣間見る自然/Glimpse of Nature

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Glimpse of Nature / 垣間見る自然 (緑)
ソーサリー

このターン、あなたがクリーチャー呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。


1ターンの間、全てのクリーチャー呪文キャントリップを付加するようなソーサリー

これを使った後に1枚しかクリーチャー呪文を唱えられなくとも1マナ1ドロー。2枚唱えられれば実質1マナ2ドローとなり、かなりの高効率となる。

しかし普通のビートダウンではテンポ面から考えてあまり好ましくない。コントロールなら土地サーチや普通のドロー呪文を使った方が有用である。コンボデッキパーツとして利用するのが最も適しているだろう。

複数枚使えば絡み樹の根/Tanglerootファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altarによって、1マナのクリーチャーをつみこんだライブラリーを掘り進むことも可能。

ローウィン=シャドウムーア・ブロック参入後のエクステンデッドにおいて、親和エルフの爆発的な展開力に貢献している。大抵のクリーチャーが1マナの上、遺産のドルイド/Heritage Druidでマナに還元されるため、ほぼ引き放題出し放題の状況になるのである。

レガシーでも親和エルフで使われる他、大量の0マナクリーチャーを用いたストームデッキキーカードとして見かけられる。また、Magic Online VanguardではNekrataal Avatarと併用すると強力。

モダンでは3ターン確定デッキを避けるという方針から、親和エルフの展開力抑止のため公式フォーマット化と同時に禁止カードに指定される。

[編集] 参考

QR Code.gif