モーニングタイド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
モーニングタイド/Morningtide
シンボル 昇る太陽
略号 MOR
コードネーム Butter
発売日 2008年2月1日
セット枚数 全150種類

モーニングタイド/Morningtideは、ローウィン・ブロックの小型エキスパンション。2008年2月1日に発売された。

「Morningtide」という単語は造語で、「Eventide(夕暮れ、夕間暮れ)」の対義語とされる。同名のカードでは「朝明け」と訳されている(「朝明け」という日本語は造語ではない)。

目次

[編集] 概要

ローウィンに引き続き、ローウィン/Lorwynを舞台とし、部族をテーマとしている。主要8(+1)部族はローウィンと同様であるが、モーニングタイドではさらに職業系の部族にも焦点が当てられている。ならず者シャーマン兵士戦士ウィザードの5つが中心となるが、射手暗殺者クレリックドルイド騎士にも少数ながらクリーチャー・タイプを参照するカードが用意されている。

また、+1/+1カウンターもテーマとして扱っている。

キーワード能力として徘徊補強が、新能力語として族系が登場。徘徊と族系は部族に関連する能力であり、特にモーニングタイドに登場する徘徊カードはすべてならず者のクリーチャー・タイプを持つ。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif