四肢切断/Dismember

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dismember / 四肢切断 (1)(黒/Φ)(黒/Φ)
インスタント

((黒/Φ)は(黒)でも2点のライフでも支払うことができる。)
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-5/-5の修整を受ける。


ファイレクシア・マナマナ・コストに含むマイナス修整インスタント

点数で見たマナ・コストこそ3だが、最小1マナを気にせず唱えられるのは魅力。最大4点のライフロスはさすがに小さくないが、タフネス5までのクリーチャー除去できるならば必要経費としては妥当な範囲だろう。もちろんそのまま3マナで撃つこともできるし、ファイレクシア・マナのうちひとつを黒マナ、ひとつをライフという形でも支払える。その場に応じて柔軟にコストを選べるのが強みである。

の含まれないデッキで、ライフでの支払いを前提に採用することもできる。クリーチャー除去に乏しいはもちろん、でもタイミングを選ばない除去は貴重。火力を有するにおいても、コーの火歩き/Kor Firewalker等のプロテクション(赤)持ち、荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragonなどの再生持ち、悪斬の天使/Baneslayer Angelなどのタフネスの高いクリーチャーなど、火力では対処しづらいものは多々いるため、併用する価値は十分にある。

黒いデッキにおいては、スタンダードならば破滅の刃/Doom Blade喉首狙い/Go for the Throatなどが比較対象となる。再生持ちや破壊不能持ちクリーチャーに対処できる点や、マナ・クリーチャーに対して1マナで撃てる点が強みになる。一方エターナルならば殺し/Snuff Out血の復讐/Vendettaなどが比較対象となる。黒いクリーチャーを対象に取る事ができ、また突然の死/Sudden Deathより修整値が大きいのもポイント。ただしどちらのフォーマットにおいても、そういったクリーチャーが脅威とならない環境においては、通常の除去呪文が優先されるだろう。

スタンダードでは上記のメリットが買われ、Caw-Bladeなど黒を含まないデッキを含め多くのデッキに採用されている。糾弾/Condemn失脚/Oust未達への旅/Journey to Nowhereが通用しない戦争と平和の剣/Sword of War and Peace欠片の双子/Splinter Twinコンボに対しても、このカードならインスタント・タイミングで対応できる。その活躍ぶりは、フィニッシャーの評価基準が「タフネスが6以上であるかどうか」に改まるほど。またその少なくないライフロスについては、機を見た援軍/Timely Reinforcementsで補助する場合がある。

イニストラード参入以降は、高速ビートダウンデッキである人間ウィニーの隆盛に加えて、ミラディンの十字軍/Mirran Crusader聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft原始のタイタン/Primeval Titanを始めとするタイタン・サイクルなどが除去できないという欠点が目立つ様になり、もっと気軽に使えるその他の除去に出番を奪われる事も多かった。しかしその後、アヴァシンの帰還修復の天使/Restoration Angelという強力で使用頻度の高いタフネス5以下のクリーチャーが登場したことで、再び採用される機会が増した。

エターナルでも使われる強力な除去である。やはり実質不特定マナ1点で使える点が評価され、青単マーフォークが邪魔なクリーチャーをどけるのに使ったり、対MUDサイドボードに仕込んだりと利用法は様々。

[編集] 参考

QR Code.gif