獣相のシャーマン/Fauna Shaman

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fauna Shaman / 獣相のシャーマン (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)

(緑),(T),クリーチャー・カードを1枚捨てる:あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探し、それを公開し、それをあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

2/2

適者生存/Survival of the Fittest内蔵クリーチャー灰色熊/Grizzly Bearsなどの上位互換

クリーチャーになったことで除去されやすくなり、出して即起動もできず、1ターンでの複数回起動も困難なため、コンボパーツとするにはかなりの弱体化で不安定になった。しかしビートダウンデッキで採用するならば、クリーチャーとしての質は悪くない上にデッキの安定にも役立つので強力。部族恩恵を受けやすいエルフであることも利点。

登場期のスタンダードでは、クリーチャーを多数投入しているバントアグロナヤアグロなどで使われている。その中でも復讐蔦/Vengevineとはとりわけ相性が良く、また静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence領土を滅ぼすもの/Realm Razerなど強いがクセのあるクリーチャーもこのカードのお陰で1枚挿しで機能するようになった。

  • Fauna(ラテン語、動物相)とはある地域や時間での動物を表す集合的な用語である。イラストでも色々な動物の装飾品を身に付けている。

[編集] 参考

QR Code.gif