マナ・クリーチャー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・クリーチャー(Mana Creature)は、マナを生成することができるクリーチャーのこと。おおよそ、タップでマナを生む起動型能力マナ能力)を持っているものがこう呼ばれる。


Birds of Paradise / 極楽鳥 (緑)
クリーチャー — 鳥(Bird)

飛行
(T):あなたのマナ・プールに、好きな色のマナ1点を加える。

0/1

主に1ターン目から戦場に出て2ターン目以降のマナ加速を可能とする、1マナのマナ・クリーチャーが使われる。2マナ以上で使われるのは、次のようなものがある。

クリーチャーの質が高く、マナ能力・土地操作にも長けたのお家芸の1つであり、緑を含む様々なデッキで、デッキタイプや速度を問わずよく投入されている。 ほかのアーティファクトなどにも存在しないわけではないが、やはり緑のものが質量ともにもっとも充実している。「2ターン目に3マナが出る恒久的なマナ加速」というのは他のではなかなか真似しづらい物である。一方でR&Dはこれがの戦略を固定してしまい、1ターン目にマナ・クリーチャーを展開できたゲームと出来ないゲームの差が大きすぎる事を問題として緑のマナ基盤のバランスを調整する事とした。テーロス以降は新規の1マナ・クリーチャーは印刷されず、マジック・オリジンエルフの神秘家/Elvish Mysticの代わりに葉光らせ/Leaf Gilder再録された事でスタンダード環境から1マナのマナ・クリーチャーは退場した(参考/翻訳参考/翻訳)。

[編集] 主なマナ・クリーチャー

[編集] 参考

QR Code.gif