ミラディンの傷跡ブロック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ミラディンの傷跡ブロック/Scars of Mirrodin Blockは、ミラディンの傷跡ミラディン包囲戦新たなるファイレクシアの3つのセットからなるブロック

セット名 略号 発売日 セット枚数 製品情報(WotC) カードリスト(Wisdom Guild)
ミラディンの傷跡/Scars of Mirrodin SOM 2010年10月1日 249枚 製品情報 カードリスト
ミラディン包囲戦/Mirrodin Besieged MBS 2011年2月4日 155枚 製品情報 カードリスト
新たなるファイレクシア/New Phyrexia NPH 2011年5月13日 175枚 製品情報 カードリスト

[編集] 概要

7年前ミラディン・ブロックの舞台だった金属次元ミラディン/Mirrodinのその後を描き、ファイレクシア/Phyrexiaの侵略とそれに抵抗するミラディンの人々のドラマが繰り広げられる。

テーマは「アーティファクト」「二つの勢力の対立」。ミラディンの再訪として、ミラディン・ブロックから再録リメイクされたアーティファクトや関連カードが数多く収録されている。また、二つの勢力、ミラディン陣営とファイレクシア陣営にはそれぞれ専用のキーワード能力やメカニズムが用意されている他、対になっているようなデザインのカードもある。

二つの勢力の対立はカード・デザインだけに留まらない。このブロックでは基本土地プレインズウォーカーを除く全てのカード文章欄透かし状の陣営マーク(ミラディン陣営かファイレクシア陣営)が入っており、どちらの勢力に属するカードなのかが一目でわかるようになっている。イベントにも二つの勢力の対立を取り上げている。ゲームデーでは陣営デッキ構築ルールが採用され、上位者はプレビューカードを入手することができた。ミラディン包囲戦ではそれぞれの勢力に属するカードだけで構成されたブースターパック「陣営ブースター」が製造され、プレリリース・パーティなどのイベントで使用された。また、第3エキスパンションでは『清純なるミラディン/Mirrodin Pure』『新たなるファイレクシア/New Phyrexia』 の二つが同時告知され、背景ストーリー上で勝利した陣営のエキスパンションが販売されると告知された。

背景世界の世界観を紹介する恒例シリーズ『A Planeswalker's Guide』は通常の第1エキスパンション発売時ではなく、新たなるファイレクシアの発売時に公開された。

新規キーワード能力感染喊声生体武器。新規キーワード処理増殖(を行う)。新規能力語として金属術、新たなマナ・シンボルとしてファイレクシア・マナが登場し、刻印メカニズムと毒カウンター-1/-1カウンターが再登場した。

[編集] 参考

QR Code.gif