エルフ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エルフ/Elfは、を代表するクリーチャー・タイプの1つ。に住まう人間によく似た種族で、自然との共生を重んじる。『指輪物語』を始めとした多くのファンタジー作品において馴染み深い存在である。


Llanowar Elves / ラノワールのエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。

1/1


Wood Elves / ウッド・エルフ (2)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) スカウト(Scout)

ウッド・エルフが戦場に出たとき、あなたのライブラリーから森(Forest)カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

1/1


Fauna Shaman / 獣相のシャーマン (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)

(緑),(T),クリーチャー・カードを1枚捨てる:あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探し、それを公開し、それをあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

2/2

初出はリミテッド・エディション。いまでこそゴブリンマーフォークと肩を並べる強部族の一角だが、リミテッド・エディションでロードは登場せず、その後のセットでもドルイドと競合するタイプでもあった。ウェザーライトから数が増え始め、緑の看板クリーチャーへとなっていった。オンスロート・ブロックでは緑の主要部族となり、森林守りのエルフ/Timberwatch Elfなどの有用なカードが多数登場し、トーナメントでも活躍した。ローウィン・ブロックでも主要部族の一つとして登場。その後も数を増やしている。

ほぼ全てのエルフはか、緑を含む多色である。ローウィン/Lorwynを舞台として扱ったローウィン=シャドウムーア・ブロックマジック・オリジンではのエルフも登場している。

パワータフネスは全体的に低めで、3/3以上のものは1割にも満たない。能力マナ能力土地に関連する能力を持つものが多い(マナ能力を持つものは、ドルイドでもあることが多い)。オンスロート・ブロックでは昆虫と関連するカードが少数存在する。

ロードインベイジョンで登場し第10版まで基本セットに収録されていたエルフのチャンピオン/Elvish Championを筆頭に、ローウィン傲慢な完全者/Imperious Perfect基本セット2010で登場したエルフの大ドルイド/Elvish Archdruidワールドウェイクジョラーガの戦呼び/Joraga Warcallerミラディンの傷跡背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader、マジック・オリジンの光り葉の将帥、ドゥイネン/Dwynen, Gilt-Leaf DaenP/Tへの修整はないが葉の王エラダムリー/Eladamri, Lord of Leavesと豊富。

また、エルフを支援するプレインズウォーカーとしてニッサ・レヴェイン/Nissa Revaneがいる。彼女も設定上エルフである。

エルフ・トークンを出すカードも多数存在し、いずれも1/1で緑を含む(→トークン一覧)。その多くがローウィン=シャドウムーア・ブロックで登場した。

ストーリーでは重要な役割を担うことも多く、伝説のエルフの数は霊気紛争現在31体(「伝説の(Legendary)・エルフ(Elf)」でWHISPER検索)。人間などと比べるとそれほど多くないが、これは伝説のクリーチャーが多数登場した神河ブロックにエルフ達が登場しないためである。

  • 他のならば人間になるであろう小型から中型にかけての人型クリーチャーは、緑だとたいていエルフになってしまうため、緑は人間が如実に少ない。
  • 昔はカードによってクリーチャー・タイプが「Elf」と「Elves」の2種類あった。これは単数形と複数形の違いであり、当時のルールにより同じクリーチャー・タイプであるとして扱われていた。

[編集] ストーリー

ドミナリア/Dominariaを初めとした様々な次元/Planeに生息する。人間と比べて細長い耳が特徴的。

ローウィン/Lorwyn
角と頬骨の浮いた顔が特徴的。美を第一とした攻撃的で近視眼的な社会を形成し、ゴブリンを始めとした醜い者たちを迫害している。不老だが寿命が30~40年しかない。

[編集] 参考

QR Code.gif