ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gaea's Cradle / ガイアの揺籃の地
伝説の土地

(T):あなたがコントロールするクリーチャー1体につき(緑)を加える。


ウルザズ・サーガ伝説の土地サイクルのナンバー2。コントロールしているクリーチャーの数だけ緑マナが出るというとんでもない土地

はなんといってもクリーチャーのであり、しかもマナ・クリーチャーからの大量展開を大得意とするため、ポテンシャルは高い。さらに土地アンタップする形でマナ加速する能力を持つクリーチャー(同じウルザ・ブロックで言えばアルゴスの古老/Argothian Elder)が介在すれば、使い切れないほどのマナが溢れかえる。

ストンピィトリニティなどの緑単色デッキリス対立に搭載され、一世を風靡した。のカードに限らず、X呪文アーティファクトなどの不特定マナを利用するカードとも相性がよく、各種ビートダウンコントロールマスティコア/MasticoreではX火力を切り札として忍ばせたり、と合わせて変異種/Morphling天才のひらめき/Stroke of Genius、はては白単色デッキリベリオンリクルート能力などにも利用された。

現在はエターナルでしか使用できないが、レガシーでは親和エルフ等のエルフデッキ展開力の向上に貢献している。

これ単体ではマナが出ないことに注意。クリーチャーを全体除去リセットされてしまったときや、初手でこれしか引けなかったときには問題になる。特に後者に関しては、マナ・クリーチャー主体の構成にして土地の総数を減らしていると起こりやすくなる。そのため4枚積みせず、輪作/Crop Rotationサーチしてくる構成にすることも多い。

1999年7月1日より、ウルザ・ブロック構築禁止カードに指定される。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ウルザズ・サーガの各に対応した伝説の土地サイクル

コントロールしている特定のパーマネント数だけマナを出すセラの聖域/Serra's Sanctumトレイリアのアカデミー/Tolarian Academyガイアの揺籃の地/Gaea's Cradleの3枚だけを指すこともある。

[編集] 参考

QR Code.gif