茨の副官/Thorn Lieutenant

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thorn Lieutenant / 茨の副官 (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) 戦士(Warrior)

茨の副官が、対戦相手がコントロールしている呪文や能力の対象になるたび、緑の1/1のエルフ(Elf)・戦士(Warrior)クリーチャー・トークンを1体生成する。
(5)(緑):ターン終了時まで、茨の副官は+4/+4の修整を受ける。

2/3

対象に取られるたびにトークン生成する誘発型能力と、マナ支払って自身を強化する起動型能力を併せ持つエルフ戦士

2マナ2/3の優れたマナレシオに加え、多くの単体除去に対する擬似的な除去耐性を持ち、マナフラッドや長期戦によって土地が伸びれば6/7の脅威に化ける優秀なクリーチャー。これは殆どのフィニッシャーと相討ち以上に持っていけるサイズである。アグロデッキに対するブロッカーとしても、コントロールデッキに対するアタッカーとしても有用。

養育者、マーウィン/Marwyn, the Nurturerとの相性は良い。除去されてもトークン生成によりマーウィンが大きくなる上、十分に大きくなれば爆発的なマナ生成の受け皿にもなる。

登場時のスタンダードでは鉄葉ストンピィ黒緑巻きつき蛇で採用された。

[編集] 開発秘話

このカードは元々エルフの部族カードとして作られたものだったが、2マナ2/3というステータスが単純にのアグロデッキに対して強かったため、の汎用的な強カードとして作り直されることになった(元々の役割はエルフの部族呼び/Elvish Clancallerに引き継がれた)。まず赤系アグロの優秀な火力呪文に対する対策としてトークン生成能力が付けられ、次にコントロール対策、特に残骸の漂着/Settle the Wreckageで伸びたマナを利用する手段として、自己強化能力が付けられた[1]

[編集] 脚注

  1. First Look: Core Set 2019 Future Future League/第一印象:『基本セット2019』フューチャー・フューチャー・リーグ(Play Design 2018年8月3日 Andrew Brown著)

[編集] 参考

QR Code.gif