キーワード処理

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

キーワード処理/Keyword Actionは、ルール上、通常の意味とは異なる特別な意味を定義された言葉によって表される処理。


Murder / 殺害 (1)(黒)(黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。



Rampant Growth / 不屈の自然 (1)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、そのカードをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


目次

[編集] 解説

例えばキーワード処理の1つである「破壊する」と書かれている処理を実行する場合、カードをびりびりに破いて捨てるわけでもなければ、テーブルを壊すわけでもない。単にそのカードを墓地に移動させるだけである。つまり、「破壊する」という言葉はマジックにおいては特別な意味が定義されているわけである。

キーワード処理には、注釈文による説明がついている場合もある。

  • それ自体が能力効果として機能するキーワード能力との違いに注意。あくまで特定の処理を、別の単語に置き換えて表現しているだけのものである。
  • 未来予知発売時のルール改正で登場した概念。そのときキーワード能力であった占術の定義が変更されたほか、新たに消術が登場した。

[編集] キーワード処理一覧

[編集] キーワード処理でないもの

引く」「見る」「ダメージ与える」などの普通の言語と同じ意味を持つ単語は、特別な意味が定義されていないため、キーワード処理ではない。

死亡する」は「戦場から墓地に置かれる」の略記であり、処理の実行を指示する単語ではないため、キーワード処理ではない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

  • 7 その他のルール
    • 701 キーワード処理
      • 701.1 カードルール文章に書かれている処理のほとんどは普通の言語で書かれているが、いくつかの動詞は定義が必要な術語である。それらの「キーワード」はゲーム用語であり、注釈文で意味が要約されていることがある。
QR Code.gif