プレイ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プレイ(Play)とは、

  1. キーワード処理の1つ。本頁で解説する。
  2. 過去の唱える起動の呼称。詳細は唱える起動を参照。
  3. 先攻の俗称。詳細は先攻を参照。
  4. プレイングの略。詳細はプレイングを参照。
  5. ゲームを行うこと。Shahrazadテレパシー/Telepathyなどではこの意味で用いられている。

プレイ/Playは、キーワード処理の1つ。土地カード・タイプが不確定のカードを使うときに行われる処理である。


Elkin Bottle / エルキンの壷 (3)
アーティファクト

(3),(T):あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。あなたの次のアップキープの開始時まで、あなたはこのカードをプレイしてもよい。


目次

[編集] 定義

土地をプレイするとは、その土地を元あった領域から戦場に出すことを意味する。これは特別な処理である。プレイヤーは自分のメイン・フェイズの間、優先権を持っていてスタックが空であれば、そのターンに土地をプレイしていなかった場合に限り、この特殊な処理を行うことを選べる。

カードをプレイするとは、そのカードを土地としてプレイするか、呪文として唱えるか、該当する方を指す。

あなたライブラリーの一番上のカードを公開したままプレイする。」といった、プレイヤーが通常とは異なる方法でゲームをプレイすることを求める効果における「プレイ」は、マジックゲームを行う(プレイする)ことを意味する。

[編集] 解説

基本セット2010で制定されたキーワード処理であり、以前(第6版から)は、呪文を唱えること、土地のプレイ、起動型能力起動をすべて「プレイ」と呼んでいた。

呪文を唱えることや起動型能力の起動を指す「プレイ」はそれぞれ唱える起動するに変更されたが、土地をプレイするのか呪文を唱えるのか不確定であるものに関しては変更されず、現在もプレイの単語が用いられている(例:技鋸の徒党/Knacksaw Clique願いのジン/Djinn of Wishes)。

[編集] ルール

  • 土地のプレイはスタックを使用しない。そのため、対応して何かをすることはできない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20140718.0

QR Code.gif