格闘

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

格闘(かくとう)/Fightは、キーワード処理の1つ。クリーチャー2体がお互いにダメージ与え合うことを意味する。イニストラードで制定された。


Prey Upon / 捕食 (緑)
ソーサリー

あなたがコントロールするクリーチャー1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。その前者はその後者と格闘を行う。(それぞれはもう一方に自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。)


[編集] 定義

あるクリーチャーがクリーチャーと「格闘を行う/Fight」場合、それらの各クリーチャーは、それぞれもう一方に自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。格闘を行う呪文能力の解決時に、いずれかのクリーチャーがすでに戦場にいなかったり、クリーチャーでなくなっていたり、何らかの理由で不適正対象になっていたりする場合、ダメージは与えられない。

[編集] 解説

闘技場/Arenaなどの俗に「殴り合い」と呼ばれる効果をキーワード化したもの。常磐木キーワードに位置づけられている。

殴り合い効果のうち「同時にダメージを与える」効果を含むカード5種類は、2011年9月のオラクル更新で格闘を行う形に変更された。タールルームの勇士ターンガース/Tahngarth, Talruum Heroなどはダメージを与えるタイミングが異なるため変更されていない(通常は差がないが、萎縮を持つクリーチャーの場合などに差が生じる。)。

[編集] ルール

  • ダメージは同時に与えられる。
  • クリーチャーが自身と格闘を行う場合、そのクリーチャーは自身に自身のパワーに等しい点数のダメージを2回与える。
  • 格闘によるダメージは戦闘ダメージではない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0


QR Code.gif