交換

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

交換(こうかん)/Exchangeキーワード処理のひとつ。


Tree of Redemption / 解放の樹 (3)(緑)
クリーチャー — 植物(Plant)

防衛
(T):あなたのライフの総量と解放の樹のタフネスを交換する。

0/13


Switcheroo / どんでん返し (4)(青)
ソーサリー

クリーチャー2体を対象とし、それらのコントロールを交換する。


目次

[編集] 定義

呪文能力が、プレイヤーに、解決時にライフの合計や2つのパーマネントコントロールなどの何かを交換するように指示することがある。呪文や能力の解決時に、その選択されたものが交換できなかった場合、何も効果は発生しない。

[編集] 概説

[編集] パーマネントのコントロール

2つのパーマネントのコントロールが交換される場合、それぞれが異なるプレイヤーによってコントロールされていた場合、各プレイヤーは他のプレイヤーによってコントロールされていたパーマネントのコントロールを同時に得る。また、それらのパーマネントが同じプレイヤーにコントロールされていた場合、交換効果は何もしない。

[編集] ライフ

ライフの合計が交換されたとき、それぞれのプレイヤーはその差分に等しいライフを得たり失ったりする。ライフの増減を置換する置換効果加護の反射/Boon Reflectionなど)はこれに影響する可能性があるし、ライフの増減によって誘発する誘発型能力カヴーの捕食者/Kavu Predatorなど)はこれによって誘発しうる。恒久の拷問/Everlasting Tormentなどによってプレイヤーがライフを得ることが出来ない場合、プレイヤーは自分よりライフ総量の多いプレイヤーとライフを交換できず、交換効果は何もしない。

[編集] カード

呪文や能力の中には、ある領域にあるカードを別の領域にあるカードと交換するように指示するものもある。これらの呪文や能力は、そのコントローラーが同一であっても働くということをのぞいて、他の交換する呪文や能力と同じように働く。ただし、一方が何らかのオブジェクトつけられていたならば、そのカードはそのオブジェクトからはずれ、他方のカードがそのオブジェクトにつけられる。→オーラ交換

[編集] 領域

呪文や能力の中には、2つの領域を丸ごと交換するよう指示するものもある(道徳の変遷/Morality Shiftなど)。この場合、一方の領域が空であっても、双方の領域にあるカードは交換される。

[編集] 数字の値

呪文や能力の中には、2つの数字を交換するように指示するものがある(解放の樹/Tree of Redemptionなど)。この場合、それぞれの値は他方の持っていた値と等しくなる。ただし、これはパワータフネスを入れ替えることとは異なる(→入れ替え)。

[編集] その他

交換を指示するカードはに最も多く、次いでアーティファクトに多い。また、パーマネントのコントロールの交換を指示する効果がほとんどである。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif