能力語

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

能力語/Ability Word は、似た機能のカードを1つにまとめて表現するために使われる機構。


Tribal Flames / 部族の炎 (1)(赤)
ソーサリー

版図 ― クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。部族の炎は、それにX点のダメージを与える。Xは、あなたがコントロールする土地の中の基本土地タイプの数に等しい。



Metamorphic Wurm / 変態するワーム (3)(緑)(緑)
クリーチャー — 象(Elephant) ワーム(Wurm)

スレッショルド ― あなたの墓地にカードが7枚以上あるかぎり、変態するワームは+4/+4の修整を受ける。

3/3

[編集] 解説

キーワード能力とは異なりそれ自体にルール上の意味はなく、新メカニズムが導入されたことを明示する、同じメカニズムを持つカードの動きを分かりやすくする、といった役割のために作られたものである(参考/翻訳)。開門懲罰者などのような「公式の通称」を、カードに直接書いたものと思えばよい。

いずれの能力語もルール文章から削っても問題なく意味が通るように書いてある。またキーワード能力と違い、(例えば地震/Earthquakeがキーワード能力の飛行の有無を参照するように)他のカードから能力語の有無が参照されることもない。

概念として登場したのは比較的遅めで、初めてカードに印刷されて登場したのは神河救済魂力掃引である。その後、スレッショルド刻印(と銀枠ゴチ)がキーワード能力から能力語に変更されている。

  • 英語版では注釈文フレイバー・テキストなどと同じく斜体(イタリック体)で書かれている。日本語版では長い間通常のルール文章と同じフォントが使用されていたが、エターナルマスターズ以降は楷書体で書かれるようになった。
  • マーカーとしての役割ももっている。例えばMagic Onlineなどの検索エンジンでカードを検索する場合には能力語を入力するだけでよく、いちいち能力そのものを打つ必要がないためとても便利である。
  • 銀枠カードなどのごく特別な場合には、ゲームに影響を与えることもある。
  • コンフラックス版図が登場したのを受け、インベイジョン・ブロック時のらせんブロックで同様の能力を持つ過去のカード群(俗に所有地カードと呼ばれていたものの一部)も、オラクル変更によって版図を使った記述に改められた。
    • 一方で、例えば愚か者の秘本/Fool's Tomeはこれより後にでた暴勇と同様のシステムであるが暴勇を使った記述には改められておらず、深海の恐怖/Deep-Sea Terrorはこれより前に存在したスレッショルドと似たシステムであるが、スレッショルドは使われていない。これらの他にも同様の例はいくつもあるが、Mark Rosewaterによれば、能力語は同じシステムをもつグループであることを把握し易くするためにあるので、セットの中に1枚しかない場合には使われないとのこと(参考)。
  • 予見は能力語ではないので注意。カードテキストだけを見るとなんとなく能力語にも見えるが、「予見」という単語には固有の意味が総合ルールできちんと定義されている。

[編集] 能力語一覧

能力語 分類 主な登場セット
スレッショルド(Threshold) (各種) オデッセイ・ブロック
刻印(Imprint) 起動型能力または誘発型能力 ミラディン・ブロックミラディンの傷跡ブロック
魂力(Channel) 起動型能力 神河救済
掃引(Sweep) 呪文 神河救済
光輝(Radiance) 起動型能力または呪文 ラヴニカ:ギルドの都
暴勇(Hellbent) (各種) ディセンション未来予知
壮大(Grandeur) 起動型能力 未来予知
族系(Kinship) 誘発型能力 モーニングタイド
彩色(Chroma) (各種) 未来予知イーブンタイド
版図(Domain) (各種) インベイジョン・ブロックコンフラックス
上陸(Landfall) 誘発型能力または呪文 ゼンディカーワールドウェイク戦乱のゼンディカー
金属術(Metalcraft) (各種) ミラディンの傷跡ブロック
同調(Join Forces) 呪文または誘発型能力 統率者
陰鬱(Morbid) (各種) イニストラード闇の隆盛コンスピラシー統率者2014
窮地(Fateful Hour) 呪文または常在型能力 闇の隆盛
湧血(Bloodrush) 起動型能力 ギルド門侵犯ドラゴンの迷路
大隊(Battalion) 誘発型能力 ギルド門侵犯ドラゴンの迷路
英雄的(Heroic) 誘発型能力 テーロス・ブロック
誘引(Tempting Offer) 呪文 統率者2013
神啓(Inspired) 誘発型能力 神々の軍勢ニクスへの旅
星座(Constellation) 誘発型能力 ニクスへの旅
奮励(Strive) 常在型能力 ニクスへの旅
議決(Will of the Council) 呪文または誘発型能力 コンスピラシー
協議(Parley) (各種) コンスピラシー
強襲(Raid) (各種) タルキール覇王譚
獰猛(Ferocious) (各種) タルキール覇王譚運命再編
副官(Lieutenant) 常在型能力 統率者2014
圧倒(Formidable) 起動型能力または誘発型能力 タルキール龍紀伝
魔巧(Spell Mastery) 呪文 マジック・オリジン
収斂(Convergence) 呪文 戦乱のゼンディカー
結集(Rally) 誘発型能力 戦乱のゼンディカー
盟友(Cohort) 起動型能力 ゲートウォッチの誓い
昂揚(Delirium) (各種) イニストラードを覆う影
動議(Council's dilemma) 呪文能力または誘発型能力 コンスピラシー:王位争奪
紛争(Revolt) 呪文能力常在型能力または誘発型能力 霊気紛争
ゴチ(Gotcha!) 誘発型能力 アンヒンジド
Family Gathering 呪文 ホリデーギフトカードSeason's Beatings
英雄の報酬(Hero's Reward) 誘発型能力 チャレンジ・デッキテーロス・ブロック

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

  • 2 カードの部分
    • 207 文章欄
      • 207.2 文章欄には、ゲーム上意味を持たないイタリック体の(日本語版では文字サイズが小さいまたは教科書体である)文章が書かれていることがある。
        • 207.2c 能力語は、能力の最初にイタリック体で書かれている(以前の日本語版ではフォントが区別されておらず、―で区切られていることで区別する必要があった)。能力語は、同様の機能を持ったカードを区別できるようにするために与えられたキーワードのようなものであるが、ルール上の意味を持たず、総合ルールに独立した項目を持たない。能力語には、「大隊(だいたい)/Battalion」「湧血(ゆうけつ)/Bloodrush」「魂力(こんりき)/Channel」「彩(さいしょく)/Chroma」「盟友(めいゆう)/Cohort」「星座(せいざ)/Constellation」「収斂(しゅうれん)/converge」「動議(どうぎ)/Council's Dilemma」[昂揚(こうよう)/delirium」「版図(はんと)/Domain」「窮地(きゅうち)/Fateful hour」「獰猛(どうもう)/Ferocious」「圧倒(あっとう)/Formidable」「壮大(そうだい)/Grandeur」「暴勇(ぼうゆう)/Hellbent」「英雄的(えいゆうてき)/Heroic」「刻印(こくいん)/Imprint」「神啓(しんけい)/Inspired」「同調(どうちょう)/Join Forces」「族系(ぞくけい)/Kinship」「上陸(じょうりく)/Landfall」「副官(ふくかん)/Lieutenant」「金属術(きんぞくじゅつ)/Metalcraft」「陰鬱(いんうつ)/Morbid」「協議(きょうぎ)/Parley」「光輝(こうき)/Radiance」「強襲(きょうしゅう)/Raid」「結集(けっしゅう)/Rally」「魔巧(まこう)/Spell Mastery」「奮励(ふんれい)/Strive」「掃引(そういん)/Sweep」「誘引(ゆういん)/Tempting Offer」「スレッショルド(すれっしょるど)/Threshold」「議決(ぎけつ)/Will of the council」がある。


QR Code.gif