起動型能力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

起動型能力/Activated Abilityは、決められたコスト支払うことで起動することができる能力


Icy Manipulator / 氷の干渉器 (4)
アーティファクト

(1),(T):アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対象とし、それをタップする。



Mogg Fanatic / モグの狂信者 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

モグの狂信者を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。モグの狂信者はそれに1点のダメージを与える。

1/1

目次

[編集] 解説

起動型能力は「コスト:効果」という形式で書かれている。書式には、必ずコロン(:)が含まれる。コロンの前に書かれたコストは起動コストと呼ばれる。また、ルール上の定義がこの形式で書かれるキーワード能力は、起動型能力である(下記の一覧も参照)。

[編集] ルール

起動型能力は呪文唱えるのと同じような手順で起動されてスタックに乗る。ただし、マナ能力である起動型能力は、スタックに乗らずに即座に解決される。特に書かれていない限り、起動型能力はそのオブジェクトコントローラー戦場以外にあるときはオーナー)だけが起動できる。

[編集] その他

[編集] 起動型能力を含むキーワード能力、能力語

キーワード能力一覧能力語一覧を参照。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif