アンタップ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アンタップ/Untapとは、

  1. 「アンタップする」と動詞で用いられた場合、タップ状態のパーマネントを横から縦に戻すことを意味する。ようは、再利用可能になるということ。これはキーワード処理である。
  2. 「アンタップ状態である(be untapped)」など形容詞として用いられた場合、タップしていない位相を意味する。
  • もともとアンタップ状態だったパーマネントをアンタップすることはできない。この場合、アンタップするという行動は無視され、なにも起こらない(マジックの黄金律)。そのため、これにより「○○がアンタップ状態になるたび〜」の能力誘発することはない。
  • 「起こす」とは「アンタップする」という意味の俗的表現。対義語は「寝かせる」。
  • パーマネントをアンタップさせるカードに多いが、それ以上にタップ、アンタップから選べるカードがに多い。

[編集] 参照

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif