特別な処理

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

特別な処理/Special Actionは、プレイヤー優先権を持っているときに行える、スタックを用いない処理。以前は特別な行動と訳されていたが、基本セット2010のルール改正に伴う総合ルールの更新で現在の訳語に変更された。

特別な処理には、主に以下のものがある。

  1. 土地プレイする。
  2. 裏向きパーマネント表向きにする。
  3. 待機を持つカード手札から追放する。
  4. 継続的効果を終了させる。
    • 継続的効果を生み出した呪文や能力の中に、特定の行動をすることで効果を終了させられると書いてあるもの(例:威圧するリシド/Dominating Licid)。
  5. 遅延誘発型能力誘発を止める。
  6. 常在型能力の効果を失わせたり延期させたりする。
  7. プレインチェイス戦において次元ダイスを振る。
  8. コンスピラシードラフトゲームにおいて、統率領域で裏向きになっている策略カードを表向きにする。
    • 秘策を持つものが該当する。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif