ブロックされない

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ブロックされないとは、

  1. (can't be blocked) 主語が示すクリーチャーの攻撃を、クリーチャーはブロックで阻止できないことを意味する文章。厳密には「ブロック・クリーチャー指定ステップでそのような攻撃クリーチャーをブロックする指定ができない」ことを意味する。
  2. 1の効果を含む能力や、そのような能力を持つクリーチャーの総称。基本的にどのクリーチャーにもブロックされないものを指し、特定のクリーチャーにはブロックされるものは含まないことが多い。
  3. (Unblockable) 基本セット2014より前に存在していた、1のルール文章内での言い回し。「~はブロックされない(is unblockable)」と表現された。基本セット2014発売に伴う2013年7月のオラクル更新で1の表記に変更され、現在は銀枠でしか使われていない表現となった。
    • この英単語から、ブロックされない能力やクリーチャーは「アンブロッカブル」とも呼ばれる。

本項では主に2について解説する。


Phantom Warrior / 幻影の戦士 (1)(青)(青)
クリーチャー — イリュージョン(Illusion) 戦士(Warrior)

幻影の戦士はブロックされない。

2/2


Cloak of Mists / 霞の外套 (1)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーはブロックされない。


[編集] 解説

「ブロックされない」能力は単体では最もシンプルかつ最強の回避能力と言える。基本的にの能力であり、小型クリーチャーに多い。

除去の不足しがちなリミテッドでは非常に強力な能力として認識され、古来より重宝されている。構築エターナルにおいても強力であるが、この能力を持つクリーチャーは能力と引き換えにコスト・パフォーマンスに難を抱えたものも多く、積極的に採用されることは少ない。

[編集] 参考

QR Code.gif