合体

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

合体(がったい)/Meldは、キーワード処理の1つ。合体カードの組を第2面同士で組み合わせて戦場に出すことを表す。


Gisela, the Broken Blade / 折れた刃、ギセラ (2)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel) ホラー(Horror)

飛行、先制攻撃、絆魂
あなたの終了ステップの開始時に、あなたが折れた刃、ギセラと《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》という名前のクリーチャーを1体コントロールしているとともにそれらのオーナーである場合、それらを追放し、その後それらを《悪夢の声、ブリセラ/Brisela, Voice of Nightmares》へと合体させる。

4/3


Bruna, the Fading Light / 消えゆく光、ブルーナ (5)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel) ホラー(Horror)

あなたが消えゆく光、ブルーナを唱えたとき、あなたの墓地から天使(Angel)クリーチャー・カード1枚か人間(Human)クリーチャー・カード1枚を対象とする。あなたはそれを戦場に戻してもよい。
飛行、警戒
(《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》と合体する。)

5/7
Brisela, Voice of Nightmares / 悪夢の声、ブリセラ
伝説のクリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) 天使(Angel)

飛行、先制攻撃、警戒、絆魂
あなたの対戦相手は、点数で見たマナ・コストが3以下の呪文を唱えられない。

9/10

目次

[編集] 定義

合体する組を構成するカード2枚を「合体させる/Meld」とは、それら2枚を、第2面を表にして組み合わせた状態で戦場に出すことである。それらがなるパーマネントは、2枚のカードによって表される単一のオブジェクトである。

[編集] 解説

異界月で初登場したキーワード処理で、エムラクール/Emrakulにより変質したクリーチャーが融合した姿を表したメカニズム。

[編集] ルール

合体カードも参照のこと。

[編集] その他

このシステムの元ネタはB.F.M. (Big Furry Monster)である。複数のカードで1体の巨大クリーチャーを表すというB.F.M.のアイデアを、黒枠の世界でルール的に問題無いように実現する方法を長年模索してきていた。そして両面カードのシステムを応用するという着想に辿り着き、現在の形で完成した。(参考 / 翻訳

  • デュエル・マスターズには同じくB.F.M.に触発されて作られた合体メカニズムがこちらに先行して存在しており、上記のコラムでも触れられている。もっとも、あちらはデッキの外部の領域に用意して特別なカードで場に出すカードであるのに対し、こちらはメインデッキに入れて使うカードであるため、かなり事情が違う。あちらでは2枚に留まらず、3枚、果てには5枚で合体するなどのものが存在する。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif