死亡

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

死亡/Dieとは、クリーチャー戦場からいずれかの墓地に置かれること。基本セット2012で用語が制定された。


Onulet / オニュレット (3)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

オニュレットが死亡したとき、あなたは2点のライフを得る。

2/2

クリーチャーが「戦場からいずれかの墓地に置かれる」ことと「死亡する」ことは完全に同義である。これ以前まで「戦場からいずれかの墓地に置かれる」と表記されていたカードは用語の導入にあたってオラクルが変更されたが、機能上の変化はまったくない。

  • クリーチャー以外のパーマネントに対してはこの用語は用いられない。また複数のクリーチャーに対しては用いられるが、クリーチャーとそうでないものを含む可能性がある場合には用いられない。
    • これは用語が使用(印刷)される時の原則であり、実際に適用される時のルールではない。自身が死亡したときに誘発する能力を持っているパーマネントは、墓地に置かれる時にそれがクリーチャーでなかったとしてもその能力は誘発する。
  • 屍賊の死のマント/Nim Deathmantleのように、特定の墓地を参照する場合には用いられない。
  • 処理の実行を指示する用語ではないためキーワード処理には分類されていない。
  • 「死亡」はカード名として存在する(→死亡/Dead)。ただし英名は微妙に異なる。
  • 用語として制定される以前も、ルール用語が未整備の黎明期にはしばしばこの用語が使われていた。(→画像1画像2

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

  • 7 その他のルール
QR Code.gif