タップ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

タップ/Tapとは、

  1. 動詞で用いられた場合、戦場に出ているカードトークンを傾けて、縦(アンタップ状態)から横(タップ状態)にすることを意味する。これはキーワード処理である。
  2. 「タップ状態である(be tapped)」など形容詞として用いられた場合、パーマネントが傾けられている位相を意味する。ようするに既に使われたということ。

攻撃に参加したときや、タップ・シンボル支払う時などにそのクリーチャー(やパーマネント)はタップされる。タップ状態のクリーチャーは、攻撃にもブロックにも参加できない。

いわゆる召喚酔い状態の時、そのクリーチャーはコストタップ・シンボルを含む起動型能力起動できない。ただし、「あなたのコントロールするアンタップ状態のクリーチャーを1体タップする:」のように、タップ・シンボルを含まないコストの支払いのためにタップすることはできる。

  • もともとタップ状態だったパーマネントをタップすることはできない。この場合、タップするという行動は無視され、なにも起こらない(マジックの黄金律)。そのため、これにより「○○がタップ状態になるたび〜」の能力誘発することはない。
    • つまり前述の「あなたのコントロールするアンタップ状態のクリーチャーを1体タップする:」の”アンタップ状態の~”という記述は無くても問題ないが、誤解が無いように書かれているのだろう。
  • 右向きに傾ける人が多いが、その理由としてはタップ・シンボルが右向きに描かれているからだろう。ルールにはタップする方向についての規定はないため、左向きに傾けてもかまわない。ただし、タップする角度についてはマジック・イベント規定に「ほぼ90度回転させられていなければならない」と定められている。
  • 「寝かせる」とは「タップする」という意味の俗的表現。対義語は「起こす」。また「タップ状態」を「寝ている」とも。カードのデザイン上も、睡眠/Sleep盗まれた夢/Theft of Dreamsのようにタップ状態のクリーチャー=寝ているというイメージのものが存在する。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif