激突

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

激突(げきとつ)/Clashは、ローウィン・ブロックに登場したキーワード処理


Lash Out / つっかかり (1)(赤)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。つっかかりは、それに3点のダメージを与える。
対戦相手1人と激突を行う。あなたが勝った場合、つっかかりはそのクリーチャーのコントローラーに3点のダメージを与える。(激突を行う各プレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを公開し、そのカードを一番上か一番下に置く。自分のカードの点数で見たマナ・コストの方が大きいプレイヤーが勝つ。)


「激突/Clash」を行う場合、プレイヤーが自分のライブラリーの一番上カード公開する。その後、そのプレイヤーはそのカードをライブラリーの一番下に置いてもよい。

「いずれかの対戦相手と激突を行う/clash with an opponent」とある場合、それは「対戦相手1人を選び、あなたとその対戦相手はそれぞれ激突を行う」を意味する。このとき、その激突で他のプレイヤーより大きい点数で見たマナ・コストを持つカードを公開したプレイヤーは、その激突に勝利したことになる。

「いずれかの対戦相手と激突を行う」場合の手順は以下の通り。

  1. まず、対戦相手1人を選び、2人同時にライブラリーの一番上のカードを公開する。
  2. 次に、アクティブ・プレイヤーからターン進行順に「公開したカードをライブラリーの一番下に置くかどうかの選択」を行っていく。非アクティブ・プレイヤーは、アクティブ・プレイヤーが上下どちらを選んだかを知った上で選択を行える(→APNAP順を参照)。
  3. その後、各プレイヤーは公開したカードをライブラリーの上下の選んだ方に同時に置く。
  • 双方のプレイヤーが同じ点数で見たマナ・コストのカードを公開した場合、どちらも勝利しなかったことになる。
  • 分割カードを公開した際に、両方のプレイヤーが勝利するということもある。
    • 例えば、暴行+殴打/Assault+Battery(点数で見たマナ・コストは1と4)と点数で見たマナ・コストが2か3のカードが公開された場合など。
  • ライブラリーにカードが無い場合でも、激突は行える。ただし、カードを公開していないので勝敗判定を受けることはできない。
    • この場合、他のプレイヤーが公開したカードの点数で見たマナ・コストが0であっても、そのプレイヤーは激突に勝利できる。
  • 「激突を行う」の定義は最初に書いたもののみであることに注意。点数で見たマナ・コストの比較などは「いずれかの対戦相手と激突を行う」場合の処理である。
    • ただし今のところ「激突を行う」のみであるカードは存在しない。
  • いずれかの対戦相手と激突を行った場合、それは激突が2回行われたことになる。あなたが1回、対戦相手が1回という勘定。
    • そのため、あなたが激突を行うたびに誘発する能力は、対戦相手の呪文や能力であなたが激突を行った場合にも誘発する。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif