切削

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

切削(せっさく)/Millキーワード処理の1つ。


Teferi's Tutelage / テフェリーの後見 (2)(青)
エンチャント

テフェリーの後見が戦場に出たとき、カードを1枚引き、その後カード1枚を捨てる。
あなたがカードを1枚引くたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚切削する。(そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上からカードを2枚自分の墓地に置く。)



Carrion Grub / 屍肉地虫 (3)(黒)
クリーチャー — 昆虫(Insect)

屍肉地虫は+X/+0の修整を受ける。Xは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの中で最大のパワーに等しい。
屍肉地虫が戦場に出たとき、カードを4枚切削する。(あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚あなたの墓地に置く。)

0/5


Bruvac the Grandiloquent / 文飾衒才のブルバック (2)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) アドバイザー(Advisor)

対戦相手がカードを1枚以上切削するなら、そのプレイヤーは代わりにその数の2倍の枚数のカードを切削する。(カードを1枚切削するとは、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上からカードを1枚自分の墓地に置くことである。)

1/4

目次

[編集] 定義

プレイヤーカードをN枚切削する/mill N cardsとは、「そのプレイヤーが、自分のライブラリー一番上からカードをN枚自分の墓地に置く。」を意味する。

[編集] 解説

基本セット2021で新しく制定されたキーワード処理。それまで「ライブラリーの一番上からカードをN枚墓地に置く」と書かれていたものがキーワードとなった。基本セット2021発売に伴うオラクル更新によって、多数のカードが切削を用いたルール文章に変更された[1]死亡生成などと同様、書式が変わっただけで機能上の変化はない。ただし、切削することを参照する効果の影響を受けるようになる。

  • 切削を参照するカードとして文飾衒才のブルバック/Bruvac the Grandiloquentが存在する。
  • 石臼/Millstoneから名前をとって、俗に「Mill」と呼ばれていたライブラリー破壊をキーワード処理化したもの。
    • 開発部は以前にこれをキーワード処理に置き換えることを検討したが、あまり直感的でないという理由から見送られていた[2]
      • その後この俗語は多くのプレイヤーに馴染み、他のゲームでさえも使われる程になったことをキーワード処理化の理由としている[1]
    • mill自体は「石臼で挽く」「製粉する」という意味。「工場(でものを作る)」という意味もあり、カードとしての石臼の存在を知らなければ確かに直感的ではないだろう。
    • 日本語では「削る」と呼ばれていたが、この俗称には複数の意味があったため(削るを参照)、「切削」という語が充てられた[3]
  • 制定に先立って、R&D Playtest cardsTruth or Dareで一足早く登場していた。

[編集] ルール

  • プレイヤーのライブラリーにあるカードの枚数よりも多い枚数のカードを切削するなら、そのプレイヤーは自分のライブラリーのカードをすべて墓地に置く。
  • コスト支払いなどで自分のライブラリーにあるカードの枚数よりも多い枚数のカードを切削するかどうかの選択を行う場合は、そのプレイヤーは切削するという選択を行うことはできない。
  • 霧の用心/Heed the Mistsなどの「切削されたカード/milled card」を参照する効果は、その領域公開領域である限り、ライブラリーから移動した領域にあるそのカードを見つけることができる。
  • 能力が切削された単一のカードの情報をチェックする場合、複数枚のカードが切削されていたら、その能力はその切削されたすべてのカードを参照する。その能力が切削されたカードの特性点数で見たマナ・コストなどの情報を参照する場合、複数の回答を得る。それらの回答が変数の値を定める場合、それらの回答の合計を用いる。能力が「そのカード/the card」に何らかの処理を行なう場合、その処理を切削されたすべてのカードに行なう。能力が「カード1枚/a card」に何らかの処理を行なう場合、その能力のコントローラーが影響を受けるカードを選ぶ。

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 『基本セット2021』更新速報(総合ルール更新、オラクル更新)/Core Set 2021 Update Bulletin(News 2020年6月23日 Eli Shiffrin著)
  2. Say When/「いつ」の話Making Magic 2014年12月8日 Mark Rosewater著)
  3. Core Set 2021 and Jumpstart Release Notes/『基本セット2021』&『Jumpstart』リリースノート(Feature 2020年6月20日 Eli Shiffrin著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20200925.1

QR Code.gif