占術

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

占術(せんじゅつ)/Scryとは、フィフス・ドーンで初登場し、後に常磐木キーワードに指定されたキーワード処理


Magma Jet / マグマの噴流 (1)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。マグマの噴流は、それに2点のダメージを与える。占術2を行う。



Sigiled Starfish / 印章持ちのヒトデ (1)(青)
クリーチャー — ヒトデ(Starfish)

(T):占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)

0/3

[編集] 定義

「占術Nを行う/scry N」とは、プレイヤーが自分のライブラリーの上からN枚のカードを見て、それらのうち望む枚数(0枚でもよい)を望む順番でライブラリーの一番下に置き、そして残りを自分のライブラリーの一番上に望む順番で置くことである。

[編集] 解説

[編集] ルール

  • 呪文や能力は、文章に書かれている順序に従って解決する。効果の途中に占術が書かれている場合はその段階で占術を行い、文章の最後に書かれている場合はその他の効果を処理してから占術を行う。
  • 占術を持つ呪文や能力が打ち消された場合、占術は実行できない。
    • 対象不適正の場合もルールにより打ち消されることになるので、注意すること。
  • N=0である場合、占術を行ったことにはならず、占術を行ったことで誘発する誘発型能力は誘発しない。

[編集] その他

[編集] 参照

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif