オラクル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

オラクル/Oracleは、トーナメントで適正な全カードの最新の文面を含む英語文献である。カードの解釈においてはオラクルの内容を用いなければならない。いわゆるエラッタは、実際にはオラクルの修正である。

最近では、新カードセットの登場にあわせて更新されることが多い。ただし、緊急のルール変更の場合はこの限りでない。

  • オラクルに誤りがないわけではない。細かい記述が整合していないカードはいくらでもあるのが現状である。
    • ヘッド・ジャッジトーナメント中におけるカード解釈に関する最終権限者である。もしトーナメント中にオラクルの誤りが見つかったならば、ヘッド・ジャッジはオラクルを却下してもよい。
  • 一般的な意味でのoracle(オーラクル、オラクル)とは、「神のお告げ」「神託」「託宣」のこと。転じて賢人や助言を与える人のことを指す場合もあり、日本語版マジックカード名等ではよく「巫女」と訳されている。もちろん文化や種族が違うので、日本における一般的なイメージの巫女とはかけ離れており、広く「巫者(ふしゃ)」と理解するほうが適当かもしれない。(→ヴェクの巫女/Oracle en-Vecとぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle
    • ちなみに日本における一般的なイメージの巫女はshrine maidenと英訳される。別物と思った方がよい。
  • 英語で書かれているので、日本語では省略されているような単数形、複数形がしっかりと書かれている。cardとcardsの違いに着目するとルール文章を把握しやすかったりする。

[編集] 更新履歴

これまでに実施されてきたオラクルの更新については、それぞれ以下の項目を参照のこと。

[編集] 参考

QR Code.gif