支援

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

支援(しえん)/Supportとは、ゲートウォッチの誓いで登場したキーワード処理


Shoulder to Shoulder / 戮力協心 (2)(白)
ソーサリー

支援2を行う。(クリーチャーを最大2体対象とし、それらの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。)
カードを1枚引く。



Joraga Auxiliary / ジョラーガの援軍 (1)(緑)(白)
クリーチャー — エルフ(Elf) 兵士(Soldier) 同盟者(Ally)

(4)(緑)(白):支援2を行う。(他のクリーチャーを最大2体対象とし、それらの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。)

2/3

[編集] 定義

パーマネント支援Nを行う/Support Nとは、「他のクリーチャー最大N体を対象とし、それらの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。」を意味する。

インスタント呪文ソーサリー呪文の支援Nを行う/Support Nは「クリーチャー最大N体を対象とし、それらの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。」を意味する。

[編集] 解説

複数のクリーチャーを一度に強化するキーワード処理。ゼンディカー/Zendikar軍が互いに協力して戦う様子を表している。支援を行うカードは主にに存在し、にも1枚ずつ存在する。

ゲートウォッチの誓いのテーマの1つである「プレインズウォーカー/Planeswalker同士の結束」に関するメカニズムである。そのため対象はあなたコントロールするクリーチャーに限られておらず、双頭巨人戦などではチームメイトのクリーチャーを強化することも可能。

[編集] ルール

  • パーマネントの能力で支援を行う場合、そのパーマネント自身に+1/+1カウンターを置くことはできない。
  • N個の+1/+1カウンターを割り振るわけではなく、最大N体のクリーチャーに+1/+1カウンターを1個ずつ置く処理であることに注意。1つの対象という単語で示す対象群で、同じオブジェクトを対象にとることはできない。
    • 呪文が抑圧的支配/Press into Serviceのように支援以外で対象をとっている場合、それは支援で対象にしているクリーチャーを対象にとってもよい。

[編集] 開発秘話

開発段階の名前はチームワーク/Teamworkであり、クリーチャーには+1/+1カウンターを、プレインズウォーカーには忠誠カウンターを置くメカニズムであった。しかしプレインズウォーカーに忠誠カウンターを置くことはデベロップ上の問題をいくつも発生させることが明らかになったため、その部分は取り除かれた(参考/翻訳)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0


QR Code.gif