文章欄

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

文章欄/Text Boxは、カードの下半分にある、タイプ行のすぐ下の欄。そのカードの能力を定義するルール文章や、注釈文フレイバー・テキストなどが印刷される。

目次

[編集] ルール

  • 基本土地タイプを持つ土地は、文章欄に何も書かれていないことがある(カード画像)が、「(T):(基本土地タイプに対応したマナ・シンボル)を加える」というマナ能力が書かれているものとして扱う。
  • 文章欄の背景に透かし状のシンボルが描かれていることがある(カード画像)。このシンボルはゲームに影響しない。詳細は透かしを参照。
  • 文章欄がなく、カード全面にイラストが印刷されたもの(通称フルアート)も存在する。これもゲームには影響しない。

[編集] 文章欄のテキストの順番

時代などにより前後するが、現在はおおむね以下の順番に沿ってテキストが書かれている。

  1. 注釈文マナ・コストの説明、何から変身するかなど)
  2. 特性定義能力多相欠色など)
  3. 唱えることに関連した常在型能力
    1. 瞬速
    2. その他キーワード能力
    3. キーワードでない能力
    4. エンチャント
  4. インスタントソーサリーとしての能力
    1. 呪文能力
    2. その他(双呪連繋フラッシュバックなど)
  5. Lvアップ
  6. 戦場で機能する常在型能力
    1. キーワード能力
    2. 戦場に出るに際し機能する能力
    3. キーワードでない能力
  7. 誘発型能力
    1. キーワード能力
    2. キーワードでない能力
  8. 起動型能力
    1. マナ能力
    2. キーワードでない能力
    3. キーワード能力
  9. デッキ構築に関する能力(共闘など)
  10. 注釈文(何と合体するかなど)
  11. フレイバー・テキスト
  12. 融合

また両面カードは、第2面クリーチャーである場合、第1面の文章欄右下に第2面のP/Tが注釈文として書かれる。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20181005.0

  • 2 カードの部分
    • 207 文章欄
      • 207.1 文章欄は、カードの下半分にある。多くの場合、ここにはそのカード能力を定義するルール文章が書かれている。
      • 207.2 文章欄には、ゲーム上意味を持たないイタリック体の(日本語版では文字サイズが小さいまたは教科書体である)文章が書かれていることがある。
        • 207.2a 注釈文は、カッコにくくられたイタリック体(日本語版では文字サイズが一段小さい)の文章であり、そのカードに適用されるルールの要約である。これはそれが対応する能力と同じ行に書かれていることが多いが、その能力でなくカード全体の注釈の場合、独立した行に書かれていることもある。
        • 207.2b フレイバー・テキストは、イタリック体(日本語版では教科書体)で書かれた、と同様にゲームに雰囲気を出すための文章である。これはルール文章の下に記載される。
        • 207.2c 能力語は、能力の最初にイタリック体で書かれている(以前の日本語版ではフォントが区別されておらず、―で区切られていることで区別する必要があった)。能力語は、同様の機能を持ったカードを区別できるようにするために定められたキーワードのようなものであるが、ルール上の意味を持たず、総合ルールに独立した項目を持たない。能力語には、「大隊(だいたい)/Battalion」「湧血(ゆうけつ)/Bloodrush」「魂力(こんりき)/Channel」「彩(さいしょく)/Chroma」「盟友(めいゆう)/Cohort」「星座(せいざ)/Constellation」「収斂(しゅうれん)/converge」「動議(どうぎ)/Council's Dilemma」[昂揚(こうよう)/delirium」「版図(はんと)/Domain」「威光(いこう)/Eminence」「激昂(げきこう)/Enrage」「窮地(きゅうち)/Fateful hour」「獰猛(どうもう)/Ferocious」「圧倒(あっとう)/Formidable」「壮大(そうだい)/Grandeur」「暴勇(ぼうゆう)/Hellbent」「英雄的(えいゆうてき)/Heroic」「刻印(こくいん)/Imprint」「神啓(しんけい)/Inspired」「同調(どうちょう)/Join Forces」「族系(ぞくけい)/Kinship」「上陸(じょうりく)/Landfall」「副官(ふくかん)/Lieutenant」「金属術(きんぞくじゅつ)/Metalcraft」「陰鬱(いんうつ)/Morbid」「協議(きょうぎ)/Parley」「光輝(こうき)/Radiance」「強襲(きょうしゅう)/Raid」「結集(けっしゅう)/Rally」「紛争(ふんそう)/Revolt」「魔巧(まこう)/Spell Mastery」「奮励(ふんれい)/Strive」「掃(そういん)/Sweep」「誘(ゆういん)/Tempting Offer」「スレッショルド(すれっしょるど)/Threshold」「宿根(しゅっこん)/Undergrowth」「議決(ぎけつ)/Will of the council」がある。
      • 207.3 一部のカードには、文章欄の背景に装飾的アイコンが描かれている。例えば、ラヴニカの各ギルドに関するカードの多くで文章欄にギルド・アイコンが含まれており、『ミラディンの傷跡』ブロックではほとんどのカード文章欄に陣営アイコンが含まれている。また、プロモカードの多くにも装飾的アイコンが描かれている。これらのアイコンはゲームのプレイに影響を及ぼさない。
      • 207.4 次元カードの、「あなたが{CHAOS}を出すたび」という誘発型能力の左側には、カオス・シンボル{CHAOS}が記されている。このシンボルそのものはルール上特別な意味を持たない。
QR Code.gif