ライブラリー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ライブラリー/Libraryとは、領域の1つ。未使用のカードの束で、要するに山札。

[編集] 解説

ライブラリーはプレイヤーごとに存在する。ゲームが始まる時、各プレイヤーのデッキがそれぞれのライブラリーとなる。

「カードをN枚引く」という効果が適用されたとき、ここからカードを1枚手札に加える動作をN回繰り返すことになる。ライブラリーから求められた枚数のカードを引けないと、次に優先権が発生する時にゲームに敗北する。これは状況起因処理である。→ ライブラリーアウト

通常、ライブラリーにはカードは裏向きに置かれる。カードのおもて面は非公開情報であり、何かの効果で見ることを許可されない限りは、自分も対戦相手も確認はできない。ただし、枚数は公開情報である。プレイヤーはいつでも自分、あるいは対戦相手のライブラリーの枚数を数えることができる。その際、ライブラリーの順番を変化させてはならない。

  • ライブラリーにあるカードが0枚でも、ライブラリーという領域がなくなったりはしない。
  • ライブラリーが呪文能力対象になることもある。これは「プレイヤーを対象とする」のとは違うので、あるプレイヤーを対象にとることができない状態でも、そのプレイヤーのライブラリーを対象にとることができる。
  • 収斂の冠/Crown of Convergenceのようにライブラリーの一番上のカードを公開してプレイさせるカードや、ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isleのように自分のライブラリーの一番上のカードを見てもよいとするカードがある。
    • 呪文を唱える間に一番上のカードが変化した場合には、唱え終わるまで新しいカードは公開されないし、見ることはできない。これは起動型能力起動に関しても同様である。
    • ライブラリーの一番上が公開されている場合、一瞬でもそれが非公開になった後で同じカードが再度公開されたとしても、それは新しいオブジェクトとして扱われる。
  • 呪文や能力が、他の呪文を唱えている間にカードを引かせた場合、唱え終わるまで引いたカードは裏向きのままである。これは起動型能力の起動に関しても同様である。

イメージは「多数の呪文書(カード)が置かれた書庫図書館」や「呪文を扱うための知識」。また、毎ターンカードを引くことから、「未来」や「運命」。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif