再生

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

再生(さいせい)/Regenerateは、キーワード処理の1つ。パーマネント破壊に対する置換効果を作るということを意味する。


Drudge Skeletons / 蠢く骸骨 (1)(黒)
クリーチャー — スケルトン(Skeleton)

(黒):蠢く骸骨を再生する。

1/1


Knight of the Holy Nimbus / 聖なる後光の騎士 (白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) レベル(Rebel) 騎士(Knight)

側面攻撃(側面攻撃を持たないクリーチャーがこのクリーチャーをブロックするたび、ターン終了時まで、ブロックしているクリーチャーは-1/-1の修整を受ける。)
聖なる後光の騎士が破壊されるなら、それを再生する。
(2):このターン、聖なる後光の騎士は再生できない。この能力は対戦相手だけが起動してもよい。

2/2

[編集] 定義

これの使われている効果の種類により、行うべき行動が少し異なる。

  1. 呪文能力解決による効果の場合、「[パーマネント]を再生する」とは、「このターン、次に[パーマネント]が破壊される場合、代わりにそれから全てのダメージを取り除き、タップし、(戦闘に参加しているなら)戦闘から取り除く」を意味する。
    • 次の破壊1回だけに対して有効。
  2. 常在型能力の効果の場合、「[パーマネント]を再生する」とは「[パーマネント]が破壊される場合、代わりにそれから全てのダメージを取り除き、タップし、(戦闘に参加しているなら)戦闘から取り除く」を意味する。
    • 能力が有効である限り何回でも有効。

[編集] 解説

再生と言う言葉のイメージからすると、この「あらかじめ再生しておく」というのはやや直感に反するかもしれないが、軽減と同様に「再生の盾」のイメージで考えるとわかりやすい。

  • 第6版でのルール変更の前は挙動が異なっており(後述)、現在よりも言葉のイメージに近い挙動であった。
  • 金澤尚子のルール解説漫画で、再生ではなく「生き残り」と呼んだらいいんじゃないか?というジョークがあった。イメージはしやすいかもしれない。
  • R&Dでも、再生(とプロテクション)についてはより直感的な名前に置き換えられないか、議論がされたことがある(参考)。

再生持ちクリーチャーに多く、次いでに多い。他のにも多少は存在する。黒も緑も色マナ1個で再生できるものがいたり、再生能力を付加するオーラがあったりと似通っている。には蘇生の印/Death Wardのようなカードが存在し、自分以外を再生する能力が比較的多い。次元の混乱では白に「自己の再生」の役割が与えられた。イメージ的には緑は溢れる生命力、黒はアンデッド化などの魔術、白は宗教的奇跡による再生である場合が多い。

恐怖/Terror火葬/Incinerate酸化/Oxidizeなどのように、再生を禁止する効果も存在する。古いのカードの一部を除けば、再生禁止は破壊効果やダメージに付加されている。そのため、この効果は除去である黒に多い。

軽い再生持ちは、トランプルを持たない大型クリーチャーを繰り返しブロックして無力化できるので結構便利。

[編集] ルール

  • 生け贄に捧げる」ことは「破壊される」こととは別なので、再生で生け贄に捧げることは防げない。
  • タフネスが0以下になったクリーチャーが墓地に置かれるのは破壊ではないため、再生では防げない。
  • 再生されたパーマネントは墓地に置かれないので、オーラ装備品はずれないし、カウンターの数なども変化しない。
  • 再生するのは大抵クリーチャーだが、クリーチャーでないパーマネントも再生は可能である。溶接の壺/Welding Jarが好例。
  • タップすることはコストではなく、再生の効果の一部である。したがって、タップ状態であっても召喚酔いしていても再生できる。
  • 「再生したとき」という条件は、「再生の盾」が破壊を置換した時を意味する。「再生の盾」が作られた時ではない。
  • 「再生できない」という効果は、再生が破壊を置換することを禁止する。「再生の盾」を作ることは禁止しない。

[編集] その他

  • 第6版以前のルールでは、再生能力は「ダメージが与えられようとしているとき」「破壊されようとしているとき」にしか起動できず、現在の様に「あらかじめ再生しておく」ということができなかった。そのため、マナを消費しての再生を持つクリーチャーが戦場にいても、余剰マナによるマナ・バーン(によるライフロス)を防ぐというプレイングはできなかった。
  • 墓地のカードを戦場に出すこと」ではない。そちらはリアニメイトと呼ばれる。
  • 日本語名、英語名ともに同名カードがある。(再生/Regeneration再びの生/Regenerate
  • ある時期から、「再生できない」効果持ちのカードが激減していた。これは環境の多くの除去呪文に「再生できない」効果を付けることで、相対的に再生が弱くなりすぎることを防ぐためである。(参考)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0


QR Code.gif