変身

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

変身(へんしん)/Transformは、キーワード処理の1つ。両面カード第1面/第2面を裏返すことを表す。


Solitary Hunter / 孤独な狩人 (3)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior) 狼男(Werewolf)

各アップキープの開始時に、直前のターンに呪文が唱えられていなかった場合、孤独な狩人を変身させる。

3/4
One of the Pack / 群れの一員
〔緑〕 クリーチャー — 狼男(Werewolf)

各アップキープの開始時に、直前のターンにプレイヤー1人が2つ以上の呪文を唱えていた場合、群れの一員を変身させる。

5/6

目次

[編集] 定義

パーマネント変身させる/Transform場合、それを裏返し、もう一方の面が見えるようにする。変身する両面カードで表わされるパーマネントのみが変身できる。

[編集] 解説

イニストラードで初登場したキーワード処理で、「夜に狼男になる人間」や「コウモリに化ける吸血鬼」といった文字通りの「変身」の他、「地図が示した土地にたどり着く」や「僧侶が信仰対象を呼び出す」などの事柄を表現するために使用されることもある。変身する両面カードのみが変身できる。

変身を表すという点は反転に、裏返すという手順は変異に似た処理であるが、それらとは別の処理であり、変身させることは反転することでも裏向きにすることでもない。またそれらと違い、位相は変化しない。

[編集] ルール

両面カードの項も参照。

  • あるパーマネントが第2面のパーマネントのコピーとなった場合、そのマナ総量は0である。
  • 変身する両面カードがそうでないカードのコピーとなっている際に、それを変身させる効果を適用する場合、その変身する両面カードは変身し、さらにその上からコピー効果を考慮する。
  • 「変身させた状態で戦場に出す」という効果は、単に第2面を表にした状態で戦場に出す事を意味する。変身という語が使われているが実際に変身したわけではないため、「変身したとき」などの誘発条件を持つ誘発型能力誘発することはない。
  • 変身させた状態で戦場に出す効果により変身する両面カードでないカードが戦場に出ようとする場合、それは代わりに元の領域に留まる。
  • オブジェクトが特定の特性を持つオブジェクトに「変身した」ときに誘発する誘発型能力は、そのオブジェクトが変身し、変身した直後にその指定された特性を持っている場合に誘発する(CR:701.28e)。
    • 高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fellsのコピーになっている、変身する両面カードではないカードと変身する両面カードがある。アップキープにそれぞれの変身する能力が誘発し解決された場合、どちらも変身後の特性は高原の狩りの達人のままであることは変わりないが、変身する両面カードではない方のコピーは実際に変身しないので自身の「このクリーチャーが《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》に変身するたび」という能力を誘発させることは無い。変身する両面カードであるコピーは変身するので「変身するたび」の能力が誘発する。

次のような場合、変身が行われないことがある。

  • パーマネントの持つ起動型能力がそのパーマネントを変身させようとする場合、その能力がスタックに置かれた以降に変身していなかった場合にのみ変身する。遅延誘発型能力を除く誘発型能力についても同様である。また、パーマネントの持つ遅延誘発型能力がそのパーマネントを変身させようとする場合、その遅延誘発型能力が生成された以降に変身していなかった場合にのみ変身する。
  • 日暮/夜明を持つパーマネントは、が切り替わる以外の方法では変身しない。

[編集] 旧ルール

ゼンディカーの夜明けモードを持つ両面カードが登場した際ルール変更が行われ、「変身する両面カードで表わされるパーマネントのみが変身できる」というルールが追加された。

イニストラードを覆う影での両面カードの再登場に際し、いくつかのルール変更が行われた。以下に変更前のルールを記す。

  • かつては、「変身させる能力はその能力がスタックに置かれた以降に変身していなかった場合にのみ変身する」というルールが存在していなかった。例えば礼儀正しい識者/Civilized Scholarの起動型能力を幻術師の篭手/Illusionist's Bracersでコピーすることで変身が2回起こり、第1面→第2面→第1面と元に戻るような状況が存在した。
  • かつては、第2面状態のパーマネントのマナ総量は第1面に関わらず常に0であった。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20220610.1

QR Code.gif