変身

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

変身(へんしん)/Transformは、キーワード処理の1つ。両面カード第1面/第2面を裏返すことを表す。


Villagers of Estwald / エストワルドの村人 (2)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 狼男(Werewolf)

各アップキープの開始時に、直前のターンに呪文が唱えられていなかった場合、エストワルドの村人を変身させる。

2/3
Howlpack of Estwald / エストワルドの吠え群れ
〔緑〕 クリーチャー — 狼男(Werewolf)

各アップキープの開始時に、直前のターンにプレイヤー1人が2つ以上の呪文を唱えていた場合、エストワルドの吠え群れを変身させる。

4/6

目次

[編集] 定義

ある両面カードで表されるパーマネント変身させる/Transform場合、それを裏返し、もう一方の面が見えるようにする。

[編集] 解説

イニストラードで初登場したキーワード処理で、「夜に狼男になる人間」や「コウモリに化ける吸血鬼」といった変身をキーワード処理化したものである。両面カードのみが変身できる。

変身を表すという点は反転に、裏返すという手順は変異に似た処理であるが、それらとは別の処理であり、変身させることは反転することでも裏向きにすることでもない。

[編集] ルール

両面カードの項も参照。

  • パーマネントが変身しても、それは新しいオブジェクトではない。
  • 両面カードでないパーマネントを変身させるよう指示がある場合、何も起こらない。あるパーマネントが変身できるかどうかは、それが物理的に両面カードであるかどうかを見る。
  • 第2面にはマナ・コストが存在しないが、第2面状態のパーマネントの点数で見たマナ・コストは第1面と等しいものとして扱う。
    • 例:エストワルドの村人から変身したエストワルドの吠え群れの点数で見たマナ・コストは3である。
  • あるパーマネントが第2面のパーマネントのコピーとなった場合、その点数で見たマナ・コストは0である。
    • 例:エストワルドの吠え群れのコピーとして戦場に出たクローンの点数で見たマナ・コストは0である。
  • パーマネントの持つ起動型能力がそのパーマネントを変身させようとする場合、その能力がスタックに置かれた以降に変身していなかった場合にのみ変身する。遅延誘発型能力を除く誘発型能力についても同様である。また、パーマネントの持つ遅延誘発型能力がそのパーマネントを変身させようとする場合、その遅延誘発型能力が生成された以降に変身していなかった場合にのみ変身する。
  • 「変身させた状態で戦場に出す」という効果は、単に第2面を表にした状態で戦場に出す事を意味する。変身という語が使われているが実際に変身したわけではないため、「変身したとき」などの誘発条件を持つ誘発型能力誘発することはない。

[編集] 旧ルール

イニストラードを覆う影での両面カードの再登場に際し、いくつかのルール変更が行われた。以下に変更前のルールを記す。

  • かつては、「変身させる能力はその能力がスタックに置かれた以降に変身していなかった場合にのみ変身する」というルールが存在していなかった。例えば礼儀正しい識者/Civilized Scholarの起動型能力を幻術師の篭手/Illusionist's Bracersでコピーすることで変身が2回起こり、第1面→第2面→第1面と元に戻るような状況が存在した。
  • かつては、第2面状態のパーマネントの点数で見たマナ・コストは第1面に関わらず常に0であった。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif