増殖

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

増殖(ぞうしょく)/Proliferateは、ミラディンの傷跡ブロックで登場し、統率者2016で再登場したキーワード処理


Contagion Clasp / 伝染病の留め金 (2)
アーティファクト

伝染病の留め金が戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。それの上に-1/-1カウンターを1個置く。
(4),(T):増殖を行う。(あなたはカウンターの置かれているパーマネントやプレイヤーを望む数だけ選び、その後それぞれに、その上に置かれているカウンターのうち1種類を1個置く。)


[編集] 定義

「増殖を行う/Proliferate」とは、パーマネントプレイヤーのうちでカウンターを持つものを任意の数選び、それらのパーマネントやプレイヤーが既に持っているものと同種のカウンターを1つ追加で置くことである。

双頭巨人戦の場合は上記の「プレイヤー」を「チーム」に読み替える。

[編集] 解説

[編集] ルール

  • 流し読みすると勘違いしてしまいがちだが、増殖は1体だけではなく、望む数のプレイヤーとパーマネントを選ぶことができる。
    • 「望む数」には「0」も含まれるため、パーマネントやプレイヤーを一切選ばないことも適正である。
  • 選んだパーマネントに複数の種類のカウンターが置かれている場合、増やせるのはそのうちの1種類のみである。また、どの種類のカウンターを増やすかは、パーマネント/プレイヤーごとに選べる。
  • 増殖は、カウンターを増やすオブジェクト対象としているわけではない。よって、被覆プロテクションなどには妨害されない。
  • カウンターを増やすオブジェクトを選ぶのは増殖の実行時(能力・呪文の解決時)であり、増殖を効果に含む呪文唱えるときや起動型能力起動するときではない。
  • パーマネントやプレイヤー以外のオブジェクトに置かれたカウンターは増やすことができない。例えば待機状態のカードスタック上の稲妻の嵐/Lightning Stormなど。

[編集] その他

感染とともに、ミラディン/Mirrodinの世界に侵食したファイレクシアの油/Phyrexian oilの広がりをイメージしたデザインになっている。

ミラディンの傷跡の時点では、増殖を持つのはファイレクシア陣営のカードのみであり、いずれもアーティファクトである。続くミラディン包囲戦ではそれらに加えのファイレクシア陣営のカードに増殖を持つものが登場し、さらに新たなるファイレクシアではにも増殖を持つファイレクシア陣営のカードが登場した。

モダンマスターズ2015では主要メカニズムの1つとして増殖を持つカードが多く再録された。カラデシュではエネルギー・カウンター+1/+1カウンターとの相互作用を期待して再録メカニズムとして検討されたが、調整が難航し取り除かれた[1]

統率者2016では緑白青黒法務官の声、アトラクサ/Atraxa, Praetors' Voiceが増殖能力を持っている。

[編集] 脚注

  1. "Do You Feel Lucky, Aetherpunk?" Part 1/「賭けてみるか、エーテルパンク?」 その1(Making Magic 2016年9月26日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif