ゲームの外部

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ゲーム領域に存在しないオブジェクトゲームの外部/Outside the Gameにあるという。以前は外部と訳されていたが、基本セット2010のルール改正に伴う総合ルールの更新で現在の訳語に変更された。


Cunning Wish / 狡猾な願い (2)(青)
インスタント

あなたは、ゲームの外部にあるあなたがオーナーであるインスタント・カード1枚を選び、そのカードを公開し、あなたの手札に加えてもよい。狡猾な願いを追放する。


[編集] 解説

ゲームの外部は領域ではない。

ゲームの外部にあるオブジェクトは、特にゲームの外部に言及している効果特性定義能力の影響のみを受け得る。

トーナメントでは、「ゲームの領域に存在しないオブジェクト」はサイドボードのカードに限定される。

[編集] ゲームの外部を参照するカード

[編集] ゲーム外の人物

ジョーク・セットのUnstableでは、ゲーム外の人物/Person outside the gameの選択を必要とするカードが存在する。ゲーム外の人物とは、現在そのゲームに参加しているプレイヤーを除くすべての地球上の人物である。

  • 敗北して既にゲームから除外されたプレイヤーを選んでもよい。
  • マジック:ザ・ギャザリングを知らない人物でもよい。
  • 周囲にだれもいない場合、電話やSNSなど遠隔で人物を選んでもよい。
  • ルールで明記されていない問題になりやすい点として、「誰がそのゲーム外の人物を指名するか」「プレイヤーはその人物の選択に何らかの介入(口出しや誘導など)をしてよいか」などが挙げられる。
    • 前者に関しては、ルール外の人物を必要とする効果コントローラーが選ぶ、と考えてよいだろう。
    • 後者に関しても、過剰にならない範囲であれば許容されると考えるべきだろう。
      • いずれにしても、銀枠らしく「不快になる人物がいないよう、その場が一番盛り上がる形」での柔軟な対応が望ましい。

[編集] ゲーム外の人物の選択を必要とするカード

[編集] 参考

引用:総合ルール 20181005.1

QR Code.gif