装備

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
装備/Equip
種別 起動型能力
登場セット 多数
CR CR:702.6

装備(そうび)/Equipは、ミラディンで制定されたキーワード能力装備品が持つ起動型能力である。


Leonin Scimitar / レオニンの円月刀 (1)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
装備(1)((1):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。)



Blackblade Reforged / 再鍛の黒き剣 (2)
伝説のアーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは、あなたがコントロールしている土地1つにつき+1/+1の修整を受ける。
伝説のクリーチャーに装備(3)
装備(7)


[編集] 定義

装備 [コスト]/Equip [コスト]は、「[コスト]:あなたコントロールするクリーチャー1体を対象とし、このパーマネントをそれにつける。この能力は、あなたがソーサリー唱えられるときにのみ起動できる。」を意味する。

[性質]クリーチャーに装備Equip [quality] creatureは、装備 能力の変種である。[性質]クリーチャーに装備 [コスト]は、「[コスト]: あなたがコントロールしている[性質]クリーチャー1体を対象とし、このパーマネントをそれにつける。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。」を意味する。この能力は、装備品をつける先を制限するものではない。

[編集] 解説

その名の通り、戦場に置いた装備品をあなたがコントロールするクリーチャーにつける(装備する)ための能力である。

[編集] ルール

  • 既に装備されている装備品を、別のクリーチャーに装備しなおすことができる。その装備品を装備しているクリーチャー自身を対象にしてもよい。
  • 装備能力が不正な対象になった場合、装備品は移動しない。それ以前に装備していたクリーチャーからはずれることもない。
  • 装備能力によって、装備品を「はずす」だけということはできない。必ずクリーチャーにつける必要がある。
  • 不正あるいは存在しないパーマネントに装備されている装備品は、状況起因処理によってそのパーマネントからはずれ、戦場に残る。以下はその不正に該当するものである。
    1. 装備品の性質に対するプロテクション(典型例はプロテクション(アーティファクト))を持つクリーチャーには装備できない。
    2. 「装備品」のサブタイプを持たないアーティファクトは、クリーチャーに装備できない。
    3. クリーチャー化している装備品は、クリーチャーに装備することはできない。
      • クリーチャー化している装備品の装備能力を起動することは可能だが、解決時に何も起きない。
  • 装備能力中の「あなた」とは、この起動型能力のコントローラーを指す。そのため、装備能力の起動後に装備品のコントローラーが変わっても、その装備品は解決時に問題なく対象としたクリーチャーに装備される。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif