現象

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

現象/Phenomenon(複数形:Phenomena)はカード・タイプの一つ。定形外のマジックのカードである現象カード/Phenomenon Card用のカード・タイプとして総合ルールで規定されている。

このカードはプレインチェイス戦ルールでのみ用いる。サブタイプは持たない。


Mutual Epiphany / 相互の天啓
現象

あなたが相互の天啓に遭遇したとき、各プレイヤーはカードを4枚引く。(その後、この現象からプレインズウォークする。)

アーティスト:Jason Felix


[編集] ルール

プレインチェイス戦も参照。

  • 現象カードは次元デッキに組み込んで使われる。1つの次元デッキに現象カードは2枚まで入れる事ができる。1つの次元デッキに同じ名前の現象カードは2枚以上入れてはならない。
  • 現象カードは、ゲームの開始時に次元デッキの一部として統率領域に置かれる。それはパーマネントではない。
  • 現象カードはそれぞれ、「あなたが[この現象]に遭遇したとき/When you encounter [this phenomenon]」の誘発型能力を持つ。現象に遭遇するとは、「このカードを次元デッキからよけて表向きにする」事を意味する。
  • 現象カードが統率領域で表向きになり、それが誘発してからスタックに残っている誘発型能力の発生源でない場合、次に優先権が発生した際に次元コントローラーはプレインズウォークする。これは状況起因処理である。

[編集] 関連項目

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif