優先権

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

優先権/Priorityとは、呪文唱えたり能力起動したり、土地プレイしたりする権利のこと。

目次

[編集] ルール

[編集] 概要

[編集] 優先権が発生するタイミング

どちらのプレイヤーが優先権を持っているかは、以下のルールにより決められる。

[編集] 優先権が発生する時に行う手順

優先権を得るに際して、最初に状況起因処理のチェックがされる。次に、その時点までに誘発していてスタックにまだ乗っていない誘発型能力がスタックに乗せられる。処理する状況起因処理もスタックに乗っていない誘発型能力もなくなるまでこれを繰り返し、そのあとになって初めてプレイヤーは優先権を得る。

  • フェイズやステップの開始時も同様に、ターン起因処理を行い、状況起因処理をチェックし、ステップの開始時に誘発する誘発型能力やターン起因処理によって誘発した能力がスタックにおかれた後で、初めてアクティブ・プレイヤーが優先権を得る。

[編集] 優先権のパス

優先権を持つプレイヤーは、呪文を唱えるか、起動型能力を起動するか、特別な処理を行うか、あるいはパスする(優先権を放棄する)ことができる。呪文を唱えたり能力を起動したり特別な処理を行ったりした場合には、その後、同じプレイヤーが続けて優先権を得る。パスしたならば、優先権はターン進行順で次のプレイヤー(通常のゲームなら対戦相手)に与えられる。

すべてのプレイヤーが優先権を「連続してパスした」場合、

  • スタックが空でなければ、スタックの一番上にある(最新の)呪文や能力が解決され、再びアクティブ・プレイヤーに優先権が与えられる。
  • スタックが空であれば、次のステップまたはフェイズに移行する。

ここで優先権を「連続してパスする」とは、すべてのプレイヤーが、その間に一切の行動をせずに優先権をパスすることをいう。例えばマナ能力はスタックに乗らないが、マナ能力を起動したなら「連続してパスした」とは言わない。裏向きクリーチャー変異コストを支払って表向きにするなどの特別な処理でも同様。

[編集] その他

「優先権」と言っても特別なときにしか発生しないと言う訳ではなく、「俺が先だった」などと喧嘩にならないための単なる順番である。「優先権を持っている」とはこの順番が回ってきていることだとイメージすると分かりやすい。

優先権のルールは複雑であるため、特に意識せずにプレイしている人が多い。たいていの場合はそれでも問題なくゲームを進行できるのだが、時に優先権を確認しなかったゆえのトラブルが発生することがある。

特にプレインズウォーカーの運用でトラブルが起きやすい。プレインズウォーカーが出た後、相手が忠誠度能力を使うより先にインスタント火力で除去しようとする初心者がいるが、通常の方法でプレインズウォーカーが戦場に出たのなら優先権を持っているのは相手なので、相手が優先権を放棄しない限りは忠誠度能力の起動を妨害することはできない。

戦闘フェイズ中に優先権を得るタイミングを間違うプレイヤーも多いので、ルールや、それを解説したWebサイトをじっくり読んでみるのがお勧めである。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif