コピー可能な値

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

コピー可能な値/Copiable Valueとは、オブジェクトコピーする場合、コピー元のオブジェクトが持つ特性のうち参照可能であるものの総称である。

目次

[編集] 定義

コピー可能な値とは、オブジェクトの特性のうち、

という「カードに印刷された値」に加え

を加味したものである。

  • 能力は通常直接はコピーされない。マナ・コストや色指標、あるいはルール文章をコピーすることで、間接的に原本と同じものを持つようになる。
  • トークンのコピー可能な値は、それを戦場に出した効果が定めた値にコピー効果と戦場に出るに際しの影響を加味した値となる。
    • コピー効果やトークンを戦場に出す効果によって、色や能力がコピー可能な値になる事が有り得る。

その他裏向きのオブジェクト、反転カード両面カードのコピー可能な値は、各ページを参照。

[編集] コピー効果によるコピー可能な値の変化

コピー効果は、コピー可能な値を"上書き"する。

コピー効果の中には、コピーに能力を与えたり、ある特性はコピーしなかったり、あるいは逆に新たに特性を追加するものがある。それらはコピー可能な値となる。

ある特性をコピーしなかったり、特性を修正するコピー効果を適用する場合、その特性を定義するコピー元の特性定義能力や、色指標はコピーされない。

  • 水銀のガルガンチュアン/Quicksilver Gargantuanは「あなたは「水銀のガルガンチュアンは7/7のままであることを除いて、戦場に出ているいずれかのクリーチャーのコピーとして戦場に出る。」を選んでもよい。」というクリーチャーである。水銀のガルガンチュアンが、パワーとタフネスを定義する特性定義能力を持つタルモゴイフ/Tarmogoyfのコピーとして戦場に出る場合、水銀のガルガンチュアンはその能力を持たず、7/7として戦場に出る。

[編集] 「戦場に出るに際し」「表になるに際し」の能力によるコピー可能な値の変化

オブジェクトの「戦場に出るに際し」「表になるに際し」パワーとタフネスを定義する能力による特性への影響は、パワーとタフネス以外に変更される特性を含めコピー可能な値となる(原初の土/Primal Clayドラゴンプラズマ/Dracoplasm水変化の精体/Aquamorph Entity)。これらのコピーとして戦場に出る場合は新たに置換されるので関係ないが、すでに戦場にあるオブジェクトがこれらのコピーになる場合にはこれらの特性がコピーされる。

  • 例:謎の原形質/Cryptoplasmが自身の能力で、「それの他のタイプに加えて、防衛を持つ1/6の壁(Wall)アーティファクト・クリーチャー」を選んだ原初の土をコピーした。謎の原形質は1/6でありのサブタイプと防衛を持つ。

戦場に出る際や表になる際の能力でも、特性を直接は変更しない効果はコピー可能な値ではない。縫合グール/Sutured Ghoulでどのクリーチャーを追放しているかや多相の戦士/Shapeshifterの数字はコピー可能な値にならない。

「戦場に出るに際し」「表になるに際し」効果を発揮する能力でも、パワーとタフネスを定義しない場合その他の特性もコピー可能な値とならない。

  • 例:アナボルバー/Anavolverは戦場に出るに際し飛行を得る能力を持つが、これはパワーとタフネスを定義する能力では無いのでこの飛行はコピー可能な値ではない。

[編集] コピーされないもの

他の(タイプを変更するものも含む)効果や、上に載ったカウンターはコピーされない。また、「タップしている」といったオブジェクトの位相もコピーされない。

  • 例:クリーチャーになっている墨蛾の生息地/Inkmoth Nexusをクローンでコピーした場合、クローンは(クリーチャーでない)墨蛾の生息地そのものとして戦場に出る。なぜなら、「クリーチャー化した」ことは、コピー可能な値ではないからである。
  • 例:+1/+1カウンターが3つ置かれた始源のハイドラ/Primordial Hydraをクローンがコピーした場合、クローンは+1/+1カウンターが置かれてない状態で戦場に出る。コピーするオブジェクトにいくつカウンターが置かれているかはコピー可能な値ではないし、クローン自身のXの値は未定義なので0として扱う。

コピー元のパーマネントに関して行なわれた選択はコピーされないが、何かを選ぶ能力はコピーも得る。オブジェクトが他のオブジェクトのコピーとして戦場に出る場合、そのコントローラーは全ての「戦場に出るに際し」ての選択を行なう。

  • 例:クローンが戦場に出るに際し、順応する自動機械/Adaptive Automatonのコピーとして戦場に出る事を選んだ。コピーは「順応する自動機械が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ」という能力も得ているので、戦場に出るに際しクローンのコントローラーは能力に従ってクリーチャー・タイプを1つ選ぶ。
  • 例:謎の原形質が自身の能力で順応する自動機械のコピーになった。謎の原型質は「順応する自動機械が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ」という能力も得ているが、既に戦場に出ているのでタイプを選択する事は無い。コピーの順応する自動機械はクリーチャータイプを得る事は無いし他のクリーチャーに修正を与える事も無い。

[編集] スタック上のオブジェクトのコピー

コピーするのがスタックにあるオブジェクトの場合、唱える時(起動する時)に行なわれた選択もコピーする。すなわち、モード対象Xの値、キッカーしたかどうか、複数の対象にどのように影響を与えるか、などはコピーされる。また、支払われたマナはコピーされないが、コストを支払う際に用いたオブジェクトを参照する場合、コピー元と同じオブジェクトを参照する。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif