デーモン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デーモン/Demonは、クリーチャー・タイプの1つ。


Lord of the Pit / 奈落の王 (4)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

飛行、トランプル
あなたのアップキープの開始時に、奈落の王以外のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。できない場合、奈落の王はあなたに7点のダメージを与える。

7/7


Griselbrand / グリセルブランド (4)(黒)(黒)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — デーモン(Demon)

飛行、絆魂
7点のライフを支払う:カードを7枚引く。

7/7


Desecration Demon / 冒涜の悪魔 (2)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

飛行
各戦闘の開始時に、いずれの対戦相手もクリーチャーを1体生け贄に捧げてもよい。プレイヤー1人がそうした場合、冒涜の悪魔をタップし、これの上に+1/+1カウンターを1個置く。

6/6

初出はリミテッド・エディション奈落の王/Lord of the PitDemonic Hordes大型クリーチャーの代表格だったが、その存在の宗教観から、長い氷河期があったクリーチャーである。後にクリーチャー・タイプが変更されたものを除けば、基本セットでは第6版から第8版まで、拡張セットではアライアンスからジャッジメントまでには収録されなかった。しかしオンスロート以降は各ブロック基本セットごとに少なくとも1枚のデーモンが収録されるのが慣例となっており、神河ブロックイニストラード・ブロックでは多くのデーモンが追加された。アヴァシンの帰還では初めてコモン枠のデーモンが追加された。

基本的には単色だが、他のを含む多色にも存在するため各色に存在する。単色のデーモンも2体存在する。

例外はあるが、カードデザインの段階でコントローラーを傷つけるようなメカニズム的欠点が与えられることが多い(参考)。

部族カードは神河ブロックとイニストラード・ブロックに多い。

デーモン・トークンを出すカードはBoris Devilboon悪魔の顕現/Demonic Risingなどがある。

伝説のデーモン・カード両面カード第2面も含め、イニストラードを覆う影現在19枚存在する(「伝説の(Legendary)・デーモン(Demon)」でWHISPER検索)が、烏羅未の墳墓/Tomb of Uramiの能力で戦場に出る烏羅未/Uramiを含めると20体存在することとなる。

[編集] ストーリー

マジック:ザ・ギャザリングにおいて、悪魔の定義は「人々の魂の邪悪な部分が物理的な形を取ったもので、非常に心のねじれた人間が死ぬ時に黒マナの噴流によって形を成す」となっている。

神河/Kamigawa
神河の次元/Planeでは「鬼/Oni」がこのクリーチャー・タイプになっている。 彼らには額に3つ目の目が描かれており、スピリットタイプを併せ持つ。日本で一般的に知られる「鬼」とは若干設定が異なるようだ。また、神河ブロックではオーガを参照するものが何体か存在する。
イニストラード/Innistrad
純粋な黒マナからなる存在で、デビルを従える。アヴァシン/Avacynが誕生し邪悪な勢力を退けると、その隙間を埋めるように姿を現した。人間達の中にも彼らを崇拝する者が現れ、それらはスカースダグ/The Skirsdagと呼ばれる教団となった。彼らは倒されてもマナに還るだけで再び新たな存在となって現れるため、アヴァシンは彼らを倒すのではなく獄庫/Helvaultに封印する様にした。
タルキール/Tarkir
タルキールにはラクシャーサ/Rakshasaと呼ばれるのデーモンが棲息しており、スゥルタイ群/The Sultai Broodと契約している。歴史改変後のタルキールにおいても、シルムガル氏族/The Silumgar clanの一員となっている。
カラデシュ/Kaladesh
カラデシュでのデーモンは人造のクリーチャーである。「The Art of Magic:The Gathering Kaladesh」によれば、闇の設計図/Dark Schematicに従い原型を製造、霊気/Aetherを吹き込むことで作り出される。設計図は名も知れぬ発明家が、天使あるいはかつて存在したオリジナルの悪魔を模して生み出したといわれる。

[編集] 参考

QR Code.gif