貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ravenous Chupacabra / 貪欲なチュパカブラ (2)(黒)(黒)
クリーチャー — ビースト(Beast) ホラー(Horror)

貪欲なチュパカブラが戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。

2/2

戦場に出たときにクリーチャー殺害/Murderする187クリーチャー。20年の時を経て、最もシンプルな形に生まれ変わったネクラタル/Nekrataal

シンプルながらその堅実な強さはネクラタルのお墨付き。クリーチャー破壊しつつ戦場に現れ、適当なクリーチャーと相打ちするだけで1:2交換が狙える。過去の同系カードと比べて対象に制限がなく、それらのように同士の戦いで腐ることがないのが嬉しい。どちらかといえばミッドレンジ寄りだが、ビートダウンコントロールいずれにも入り得る、汎用性の高いカード。

登場時点のスタンダード破壊不能機体など相性の悪いカードが使われている環境だが、黒緑巻きつき蛇グリクシスカラーのミッドレンジといった黒寄りのデッキで数枚採用されている。前者では造命師の動物記/Lifecrafter's Bestiaryなどのために生物の数を減らし過ぎない点を、後者ではスカラベの神/The Scarab Godで再利用できる相性の良さを買われている。

リミテッドでも適当に使ってもアドバンテージを得られる優秀なカード。トークンに負けないタフネス2を保持しているのも嬉しい。ダブルシンボルが問題なく入るなら是非採用すべき。

[編集] 参考

QR Code.gif