ネズミ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ネズミ/Ratは、クリーチャー・タイプの1つ。現実世界でもよく見かけるネズミの他、鼠頭の獣人である鼠人/Ratfolkもこのタイプに属する。


Ravenous Rats / 貪欲なるネズミ (1)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

貪欲なるネズミが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

1/1


Pack Rat / 群れネズミ (1)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

群れネズミのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールするネズミ(Rat)の数に等しい。
(2)(黒),カードを1枚捨てる:群れネズミのコピーであるトークンを1体生成する。

*/*


Ink-Eyes, Servant of Oni / 鬼の下僕、墨目 (4)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ネズミ(Rat) 忍者(Ninja)

忍術(3)(黒)(黒)((3)(黒)(黒),あなたがコントロールする、ブロックされなかった攻撃しているクリーチャー1体を手札に戻す:あなたの手札からこのカードを、タップ状態かつ攻撃している状態で戦場に出す。)
鬼の下僕、墨目がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはそのプレイヤーの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたのコントロール下で戦場に出してもよい。
(1)(黒):鬼の下僕、墨目を再生する。

5/4

初出はリミテッド・エディション疫病ネズミ/Plague Rats。コンスタントに登場し続け、神河ブロックの中心種族として大幅に強化され、部族デッキも成立した。

単色黒赤に存在する。

現実にも存在する動物であるため比較的イメージが確立している。書物をもかじってしまう雑食さを表現した手札破壊が得意分野のひとつで、特に貪欲なるネズミ/Ravenous Ratsが有名であり、リメイク的カードがしばしば作られている。その他、どこにでも現れる神出鬼没さを回避能力で表現したカード(沼ネズミ/Bog Ratsなど)、「ネズミ算」の語源にもなった繁殖力に注目したカード(疫病ネズミ/Plague Rats群れネズミ/Pack Ratなど)、伝染病を媒介する害獣であることに注目したカード(墓所のネズミ/Crypt Ratsチフス鼠/Typhoid Ratsなど)と言った、かなり「それらしい」カードに恵まれている。

ロードとして、骨齧り/Marrow-Gnawerオーガの貧王/Ogre Slumlordがあり、昆虫蜘蛛リスと兼用で、部族土地群がりの庭/Swarmyardも存在する。また、それら以外にもネズミを集めるほど強くなるカードは黎明期から存在し、しばしばファンデッキが組まれる。統率者2017では逆部族カードとでもいうべき飢えたオオヤマネコ/Hungry Lynxが登場した。

ネズミ・トークンを出すカードは実験用ネズミ/Lab Rats骨齧り/Marrow-Gnawer害獣の疫病/Plague of Verminオーガの貧王/Ogre Slumlord、飢えたオオヤマネコがある。また、群れネズミ/Pack Ratは自身のコピーであるトークンを出す。

伝説のネズミは(反転するものも含めて)4体(ギルド門侵犯現在)。

[編集] ストーリー

幅広い次元/Planeで生息が確認できるが、特に都市次元であるラヴニカ/Ravnicaでは(現実同様に)都市社会に寄生する形で繁殖しているらしく、比較的多くのカードが登場している。また神河/Kamigawaでは二本足で歩行し高い知能を持つ「鼠人(Ratfolk)」という種族が登場。

[編集] 参考

QR Code.gif