エレボスの鞭/Whip of Erebos

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Whip of Erebos / エレボスの鞭 (2)(黒)(黒)
伝説のエンチャント アーティファクト

あなたがコントロールするクリーチャーは絆魂を持つ。
(2)(黒)(黒),(T):あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。それは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それを追放する。それが戦場を離れる場合、それを他のいずれかの領域に置く代わりに追放する。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


伝説のアーティファクト・エンチャント。自軍全体に絆魂を付与する常在型能力と、墓地クリーチャーリアニメイトする起動型能力を持つ。

リアニメイト能力起動コストは少々重いものの、繰り返し使える釣竿はやはり強力。まず思いつくのはリアニメイトデッキでの運用であるが、絆魂付与能力だけでも強力であり、単純に中堅クリーチャー歩く火力のごとく突撃させるだけでも多大なライフ・アドバンテージを稼ぐことができるので、ミッドレンジやクリーチャーの多いコントロールデッキの息切れ防止手段として数枚挿しておくのも十分有用。無論CIP能力を持ったクリーチャーをリアニメイトして、より積極的にアドバンテージを稼ぐのも良い。ただし追放されてしまうので再利用が難しい点には注意。

スタンダードでは黒系のミッドレンジデッキ黒単信心オルゾフミッドレンジ)で採用されることがある。幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council霊異種/AEtherlingのような自身を一時的に追放するクリーチャーとも強いシナジーがあり、これらと併用されることも多い。リアニメイトを主戦力としたデッキだと漁る軟泥/Scavenging Ooze安らかなる眠り/Rest in Peace盲従/Blind Obedienceなどがやっかいな天敵である。タルキール覇王譚参入後は、各種のリアニメイトデッキメタゲーム上に存在し、それらの重要パーツとして採用率が増加している。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス伝説のアーティファクト・エンチャントサイクル。いずれも有色アーティファクトで、常在型能力または誘発型能力と、起動型能力タップ能力)を持つ。それぞれがテーロス/Therosの5柱の神々の持ち物。

[編集] ストーリー

死者の神、エレボス/Erebosの持ち物。名はマスティクス/Mastix。死者をエレボスの領域に引き込む力を持つとされる(参考/翻訳)。

[編集] 参考

QR Code.gif