変わり谷/Mutavault

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mutavault / 変わり谷
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(1):ターン終了時まで、変わり谷はすべてのクリーチャー・タイプを持つ2/2のクリーチャーになる。それは土地でもある。


ミシュラの工廠/Mishra's Factoryの亜種であるクリーチャー化する土地

能力起動コストやクリーチャー化したときのサイズはミシュラの工廠と全く同じで、組立作業員強化するタップ能力を持たないため、単体の性能で言えば下位互換になる。しかしすべてのクリーチャー・タイプを持つため、実質的には多くの部族カードと相性が良いという長所がある。例えば、単体では本家のように3/3のブロッカーとして使うことはできないが、P/Tを強化するロードが1体いれば3/3のアタッカーにもブロッカーにもなるなど。

モーニングタイドで登場した際のスタンダードでは、多くのデッキで採用され活躍した。この時期は優秀な多色地形が豊富であったため、無色マナしか生み出せない土地であるこのカード多色デッキにおいても4枚積みされるということが珍しくなかった。またフェアリーデッキなどの部族デッキでは、全てのクリーチャー・タイプを持つことも重要な要素だった。

その後、基本セット2014再録。僅かな期間だが部族をテーマとするイニストラード・ブロックと共に使用可能であり、各種人間デッキを始めとする多くのデッキで採用され、結果を残した。テーロス参入後は部族デッキこそ減ったものの、至高の評決/Supreme Verdict神々の憤怒/Anger of the Godsをすり抜け、突然の衰微/Abrupt Decay漸増爆弾/Ratchet Bombを受け付けない点、さらにはザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer波使い/Master of Waves群れネズミ/Pack Ratなどの単体でも優秀な部族クリーチャーとシナジーを形成する点を買われ、様々なデッキで活躍した。特に単色傾向が強く色事故のリスクが少ない信心デッキには手放しで4枚積みされる。シングル価格もそれに伴って高騰し、再録カードでありながら基本セット2014のトップレアとなっている。リミテッドでは再録メカニズムに選ばれたスリヴァーを意識したデッキで使うと効果的。

エクステンデッドでも見かける機会は少なくない。エターナルでは本家ミシュラの工廠が存在するものの、カウンタースリヴァーマーフォークといった部族シナジーが存在するデッキではこちらが採用される。モダンでもマーフォークフェアリーで採用される。

  • 多相を持つ」ではなく「すべてのクリーチャー・タイプを持つ」となっているのは、種類別の都合。詳細は多相のルールを参照。
  • 同時期、第10版に収録されたミシュラランドタップインであるが、こちらにはその弱点がない。もちろん戦場に出したターン召喚酔いの影響を受けるため、即クリーチャー化して攻撃ということはできないので注意。
  • 開発部は基本セット2014再録時のスタンダードでの高すぎる採用率について、デッキに採用するマナ基盤以外の土地として他の選択肢を用意できなかったことでの失敗と見ている[1][2]
  • 本来vaultにはという意味はなく、「変わり種」をシャレた日本語訳であろう。イラストも谷ではない。

[編集] 参考

  1. 土地の力(2015年10月9日)
  2. スタンダードのパワー・レベル(Latest Developments 2016年2月5日)
QR Code.gif