時のらせん

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
時のらせん/Time Spiral
シンボル 砂時計
略号 TSP
コードネーム Snap
発売日 2006年10月6日
セット枚数 全301+121種類

時のらせん(タイム・スパイラル)/Time Spiralは、時のらせんブロックの大型エキスパンション。2006年10月6日に発売された。

目次

[編集] 概要

ブロックのテーマである「時間」のうち、このセットは「ドミナリア/Dominariaの過去」が中心となっている。時代設定はAR46世紀ごろ。舞台はスカージ以来となるドミナリア。時間が歪み過去が実体化したというストーリーを受け、これまでストーリー上で何度も登場していながらカード化していなかった有名人物が多数カード化されている。

システム上でも、後述するキーワード能力をはじめとして、スペルシェイパースリヴァーエターナルエンチャントインスタントメントといった過去のメカニズムが新しいアレンジを加えて多数復活している。1枚ずつではあるがナイトメアスパイク休眠エンチャントピッチスペル幻影暗影疾風衣山分けカードなども新規に登場している。過去の強力なカードの調整版やリメイク版も非常に多い。また、意図的に過去の(今とは異なる)色の役割でデザインされたカードもある。またブロック全体にいえることだが、昔のカードを思い起こさせるカード名効果も多い。

新キーワード能力は、刹那待機。過去のブロックより、バイバックエコーマッドネス変異が若干のルール変更を伴い再登場。他にも側面攻撃シャドーフラッシュバックストームなど盛りだくさん。さらに、付属エキスパンションタイムシフトの中には、ランページ土地サイクリングキッカー、そして能力語に変更されたスレッショルドも登場している。また、「あなたインスタントプレイできるときならいつでもプレイしてよい」という能力が瞬速としてキーワード化され、これ以前のカードが持つ同様の能力オラクル変更により瞬速に置き換えられた。

その他、マナ・コストの無いカードに関するルール変更や、状況起因処理の追加(+1/+1カウンター-1/-1カウンターの相互作用)も行われる。詳しくはこちらを参照。

このセットのトーナメントパックには3枚、ブースターパックには1枚、ボーナスとしてタイムシフト・カードが含まれる。タイムシフト・カードは、基本セット リミテッド・エディションからスカージまでのカードの復刻版で、全121種類。旧枠のデザインで印刷されており、紫色のエキスパンション・シンボルを持つ。

  • 大型エキスパンションとしては枚数がこれまでより5枚少ない。また、リミテッドの多様性をあげるとともにレアアンコモンを集めやすくするため、コモンの割合が上がっている(コモン121枚、アンコモンとレア80枚ずつ。これまではコモン110枚、アンコモンとレア88枚ずつだった)。
  • このセット以降、Foilはその稀少度に関係なくコモン枠に含まれることとなった。そのため運がよければ1つのブースターパックに2枚のレアが入ることが起こりうる。ただし、タイムシフト・カードのFoilはタイムシフト枠なので、1つのブースターパックから複数のタイムシフト・カードが出ることはない。
  • 同名のカード(時のらせん/Time Spiral)が存在する。
  • セット発売に先駆けて過去のコミカライズ作品(Antiquities War on the World of MAGIC: the GatheringUrza-Mishra War on the World of MAGIC: the Gathering)がウェブ上で公開されていた(現在はサイト改編によりページ消滅)。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Brian Tinsman (lead)
Aaron Forsythe
Devin Low
Mark Rosewater
デベロップ・チーム Brian Schneider (lead)
Michael Donais
Aaron Forsythe
Devin Low
Matt Place
アート・ディレクター jeremy Cranford

[編集] 公式特集ページ

[編集] 参考

QR Code.gif