異形化するワンド/Transmogrifying Wand

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Transmogrifying Wand / 異形化するワンド (3)
アーティファクト

異形化するワンドは、蓄積(charge)カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
(1),(T),異形化するワンドの上から蓄積カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それのコントローラーは白の2/4の雄牛(Ox)クリーチャー・トークンを1体生成する。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


クリーチャー柱平原の雄牛/Pillarfield Oxに変えてしまう恐ろしいアーティファクト

回数が限られているとはいえ、繰り返し使えるクリーチャー変化は強力。ひとたび振るえば相手のフィニッシャーもただの2/4バニラトークンと化す。ただしタフネス4ともなると、こちらのアタッカーが乗り越えられない可能性が残ってしまう。そう簡単には火力やマイナス修整で落ちないのも懸念材料となる。

自分の小型クリーチャーを2/4にサイズアップする用途にも利用可能。クリーチャーが破壊されたかどうかに関係なくトークンは生成されるため、破壊不能等と組み合わせれば単にトークンを生成できるアーティファクトとして見ることもできる。

リミテッドではブロッカーが欲しい状況では自身のいらないクリーチャーを変化、打点を削ぎたい場面では相手のアタッカーを変化、といった風に攻防に渡って使いどころのあるカード。敵の頭数を減らすことはできないが、フライヤーを地に落とすだけでも十分役立つ。また相手はフィニッシャーを出しにくくなり、見えているだけで牽制としても働く。これを使うと地上が膠着状態に陥りやすいので、横に並んだ2/4を突破できる何らかの手段を用意しておきたい。分散/Disperse等で使いまわそうものなら戦場雄牛だらけになりかねない。

[編集] 参考

QR Code.gif