8ヒッピー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

8ヒッピー(Eight Hippy)は、ラヴニカ:ギルドの都以後登場した、緑青黒クロック・パーミッションデッキ

「ヒッピー」とは惑乱の死霊/Hypnotic Specterの俗称で、このデッキ名は惑乱の死霊とディミーアの巾着切り/Dimir Cutpurseにより手札破壊クリーチャーが8枚入ることから付けられた。そのまま「黒青緑ジャンクなどと呼ばれることも多い。


Hypnotic Specter / 惑乱の死霊 (1)(黒)(黒)
クリーチャー — スペクター(Specter)

飛行
惑乱の死霊が対戦相手にダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚無作為に選んで捨てる。

2/2


Dimir Cutpurse / ディミーアの巾着切り (1)(青)(黒)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

ディミーアの巾着切りがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨て、あなたはカードを1枚引く。

2/2


Elves of Deep Shadow / 深き闇のエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):(黒)を加える。深き闇のエルフはあなたに1点のダメージを与える。

1/1

基本的には黒緑の中速ビートダウンカウンターを加えたような構造。

極楽鳥/Birds of Paradise深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadowなどのマナ・クリーチャーから2ターン目の手札破壊クリーチャーに繋げ、アドバンテージを取りながら殴り倒す。サポートには化膿/Putrefy梅澤の十手/Umezawa's Jitte打ち消し呪文などが使われる。弱点としては、戦場を一気に制圧できるカードがあまり入らない点だろうか。

世界選手権05では、けちコントロールセレズニア対立などに次いで使用者20人弱というそこそこの勢力を誇った。

ハンデスクリーチャーは、毎ターン殴るだけでハンド・アドバンテージが得られるため、けちコンやよりよい品物などの低速コントロールデッキに強い。その反面、クリーチャーのサイズが小粒なので、紅蓮地獄/Pyroclasm等で一網打尽にされるという弱点がある。特にアネックス・ワイルドファイアがセレズニア対立のメタデッキとして活躍し始めて以降はメタゲームから姿を消すようになった。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (22) 4 桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
4 深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours 2 木霊の手の内/Kodama's Reach
4 極楽鳥/Birds of Paradise 2 赤の防御円/Circle of Protection: Red
4 深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow 4 ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
4 惑乱の死霊/Hypnotic Specter 3 信仰の足枷/Faith's Fetters
2 曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
4 ディミーアの巾着切り/Dimir Cutpurse
呪文 (16)
3 化膿/Putrefy
3 梅澤の十手/Umezawa's Jitte
3 不忠の糸/Threads of Disloyalty
3 邪魔/Hinder
4 マナ漏出/Mana Leak
土地 (22)
2 島/Island
1 雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds
4 湿った墓/Watery Grave
1 水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge
4 ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast
4 森/Forest
4 草むした墓/Overgrown Tomb
1 先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers
1 平地/Plains

[編集] 参考

QR Code.gif