多色

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

多色は複数のに関するルール用語。あるいは複数の色に関する俗的な表現のこと。インベイジョン・ブロックラヴニカ・ブロックアラーラの断片ブロックラヴニカへの回帰ブロックのテーマとされている。以下では、多色についてルール用語と俗的表現に分けて解説する。

目次

[編集] ルール用語としての多色

多色/Multicoloredとは、オブジェクトが複数のを持っていることを示す用語(→CR:105.2b参照)。

[編集] 俗的表現としての多色

多色という言葉は、ルール用語とは別に、俗に「複数の色に関連する」といった意味合いで用いられている。ルール用語は「多色/Multicolored」が正式であるが、俗的表現としては他に「Multicolor」「Multi-color」「マルチカラー」などとも表記・呼称される。

  • 複数の色で構成されたデッキコンボなどを「多色デッキ」「多色コンボ」などという(→多色デッキ参照)
  • 複数の色を出す土地を「多色地形」という(→多色地形参照)
  • カードの背景が金色であることから「金」「ゴールド」「Gold」とも呼ばれる(→参照)
  • 多色が推奨されたり、支配的である環境を「多色環境」。デッキや環境に多色が増えることを「デッキや環境の多色化」と表現することもある。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0


単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒赤 - 青赤緑 - 黒緑白 - 赤白青 - 緑青黒
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif