巻きつき蛇/Winding Constrictor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Winding Constrictor / 巻きつき蛇 (黒)(緑)
クリーチャー — 蛇(Snake)

あなたがコントロールする、アーティファクトやクリーチャーの上にカウンターが1個以上置かれるなら、代わりにその数に1を足した数のその種類のカウンターをそのパーマネントの上に置く。
あなたがカウンターを1個以上得るなら、代わりにあなたはその数に1を足した数のその種類のカウンターを得る。

2/3

あなたとあなたがコントロールするアーティファクトクリーチャーが得るカウンターを1個増やしてくれる

カラデシュ・ブロックのテーマであるエネルギー・カウンター+1/+1カウンター両方に沿っており、それらのどのカードと組み合わせても強力なシナジーが見込める。逆にシナジーが無いとバニラ同然だが、標準以上のマナレシオを持っているため無駄になることはない。同様の能力を持つ硬化した鱗/Hardened Scales硬化した鱗デッキを生み出したようにデッキの中核となるカードである。

スタンダードではこれを中心とするデッキ、黒緑巻きつき蛇が登場し、環境の一角となっている。

  • 英語のルール文章は「その種類の/kinds of」が抜けており同時に複数種類のカウンターが置かれる場合の作用が判りにくかったため、オラクルの訂正が出ている。
  • カラデシュ・ブロックでブロック全体とシナジーを持つ増殖を使う予定だったが、上手くいかず取り止めになり、代わりにこのメカニズムを少しだけ使うことになった。このカードはそのうちの一枚である(参考/翻訳)。

[編集] ルール

  • すでに戦場に出ているアーティファクトやクリーチャーに置かれるときだけでなく、カウンターが置かれた状態でアーティファクトかクリーチャーが戦場に出る際にも影響する。カウンター (目印)も参照。
    • 巻きつき蛇自身やそれと同時に戦場に出る他のパーマネントに、カウンターが置かれた状態で戦場に出るような効果があっても、それが増えることはない。
  • 複数の巻きつき蛇をコントロールしているなら、それぞれが適用され巻きつき蛇の数だけ置くカウンターが増える。
  • カウンターを移動することは一方から取り除いて一方に置くことなので、移動先に置くカウンターが1つ増える。
  • 造命師の贈り物/Lifecrafter's Giftのように、1つの効果にアーティファクトやクリーチャーの上に1個以上のカウンターを置くという指示が複数含まれているなら、それらの指示のそれぞれごとに適用される。
  • 複数種類のカウンターが同時に置かれる場合、各カウンターそれぞれについて置くカウンターが1つ増える。
  • 2つの能力はいずれも強制である。毒カウンター-1/-1カウンターのような自分に不利益の出るカウンターでも1個増やして置いたり得たりしなければならない。
  • マイコシンスの格子/Mycosynth Latticeが出ている状態でプレインズウォーカーが戦場に出る場合、巻きつき蛇によって忠誠度カウンターが増えることはない。戦場に出る際の置換効果の適用時にはプレインズウォーカーはマイコシンスの格子の継続的効果を受けているものとして扱われない(CR:614.12)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

霊気紛争の、アンコモンの2カードサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif