カウンター (目印)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カウンターCounter)は、オブジェクトプレイヤーの上に何らかの目印として置かれる物である。


Battlegrowth / 戦闘の成長 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。その上に+1/+1カウンターを1個置く。



Icatian Javelineers / アイケイシアの投槍兵 (白)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

アイケイシアの投槍兵はその上に投槍(javelin)カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(T),アイケイシアの投槍兵から投槍カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。アイケイシアの投槍兵はそれに1点のダメージを与える。

1/1

[編集] 概要

オブジェクトやプレイヤーに置かれたカウンターは、その特性を修整したり、能力と相互作用したりする。

多くの場合はパーマネントに乗るが、パーマネントではないオブジェクトにカウンターが乗ることもある。例えば、稲妻の嵐/Lightning Stormスタックにあるときにカウンターを置くことがあり、待機アーテイのおせっかい/Ertai's Meddlingは、追放領域カードにカウンターを置く。また、歩く墓場、髑髏茨/Skullbriar, the Walking Grave墓地や追放領域、統率領域でもカウンターを持つことがある。

そのゲームにおいて他のカウンターと区別することができれば、何をカウンターとして用いてもよいが、一般的におはじきやダイス(サイコロ)が用いられる。

[編集] カウンターが置かれることを参照する効果


Bloodcrazed Hoplite / 血に狂った重装歩兵 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

英雄的 ― あなたが血に狂った重装歩兵を対象とする呪文を1つ唱えるたび、血に狂った重装歩兵の上に+1/+1カウンターを1個置く。
血に狂った重装歩兵の上に+1/+1カウンターが1個置かれるたび、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それの上から+1/+1カウンターを1個取り除く。

2/1


Corpsejack Menace / 屍体屋の脅威 (2)(黒)(緑)
クリーチャー — ファンガス(Fungus)

あなたがコントロールするクリーチャー1体の上に+1/+1カウンターが1個以上置かれる場合、代わりにその2倍の数の+1/+1カウンターをそれの上に置く。

4/4

呪文能力の中にはオブジェクト」の上にカウンターが置かれる/counters are put on "object" ことを参照するものが存在する。それは次の両方を参照する。

  1. (すでに戦場に出ている)「オブジェクト」の上にカウンターを置く/put counters on "object"
  2. 「オブジェクト」がカウンターの置かれた状態で戦場に出る/"object" enters the battlefield with counters on it

例えば血に狂った重装歩兵/Bloodcrazed Hopliteの2番目の能力は、次のどちらでも誘発する。

  1. 自身の英雄的能力や自然からの武装/Nature's Panoplyなどで戦場にいるときに+1/+1カウンターが置かれた場合。
  2. 凶暴な召喚/Savage Summoningなどによって+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出る場合。

オブジェクトがカウンターが置かれた状態で戦場に出る場合、カウンターを置く効果によって指定されたプレイヤーがカウンターを置く。指定されていない場合はその効果のコントローラーがカウンターを置く。

  • カウンターを動かす/Moveこともカウンターを置く/put on ことの一種である。これは、「動かす」の定義にカウンターを置く/put onことが含まれているため。動かすも参照。
  • 以前は置く/place置かれる/placed という表現が使われていたが、アモンケットの発売に合わせてオラクルが変更され、置く/put on置かれる/be put on に表記が統一された。

[編集] 特別なルールを持つカウンター

通常、カウンターはあくまで目印であり、それ自体が何らかの効果を持つわけではない。例えば霧氷羽の梟/Rimefeather Owlは「氷カウンターが置かれているパーマネントは氷雪である」という能力を持つが、これは霧氷羽の梟が戦場にいるかぎり有効な常在型能力であり、氷カウンター自身にこのような効果があるわけではない。

しかし以下に挙げるような一部のカウンターには、それ専用のルールが存在する。

[編集] +X/+Yカウンター

クリーチャーに+X/+Yカウンターが置かれている場合、そのクリーチャーは+X/+Yの修整を受ける。詳細は+X/+Yカウンターを参照。

[編集] +1/+1カウンター、-1/-1カウンター

+1/+1カウンター-1/-1カウンターが単一のパーマネントの上に置かれている場合、それらのうち少ない方と同じ個数だけ双方が取り除かれる。詳細は状況起因処理+1/+1カウンターおよび-1/-1カウンターを参照。

[編集] 毒カウンター

10個以上の毒カウンターを得たプレイヤーは敗北する。詳細は毒カウンターを参照。

[編集] 忠誠カウンター

プレインズウォーカーに置かれている忠誠カウンターは、そのプレインズウォーカーの忠誠度を表す。詳細は忠誠カウンターを参照。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0


QR Code.gif