疾病の神殿/Temple of Malady

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Temple of Malady / 疾病の神殿
土地

疾病の神殿はタップ状態で戦場に出る。
疾病の神殿が戦場に出たとき、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)
(T):あなたのマナ・プールに(黒)か(緑)を加える。


黒緑神殿

戦場に出るだけで占術1を行えるのは地味ながら優秀。黒緑を含むデッキは高速なものから低速なものまで様々で、タップインがどの程度問題となるかはそれぞれのデッキによるところが大きいが、いずれにしてもスタンダードでは貴重な2色地形であり、草むした墓/Overgrown Tombに次ぐ黒緑土地としてよく使われることになるだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス・ブロックの神殿サイクル。いずれもタップイン2色地形であり、戦場に出たときに占術1を行う。いずれもタップインデュアルランド上位互換であり、また白マナを生み出せるものは新ベナリア/New Benaliaの上位互換でもある。

スタンダードでの2色地形の不均衡を補うため、前ブロックで登場が遅かったギルド門侵犯ショックランドと同じ色の組み合わせのものを、テーロスで先行して収録している。(参考)

[編集] 参考

QR Code.gif