世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Polukranos, World Eater / 世界を喰らう者、ポルクラノス (2)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — ハイドラ(Hydra)

(X)(X)(緑):怪物化Xを行う。(このクリーチャーが怪物的でないとき、これの上に+1/+1カウンターをX個置く。これは怪物的になる。)
世界を喰らう者、ポルクラノスが怪物的になったとき、あなたの対戦相手がコントロールする、望む数のクリーチャーを対象とする。世界を喰らう者、ポルクラノスはそれらにX点のダメージをあなたの望むように分割して与える。それらの各クリーチャーは、それぞれのパワーに等しい点数のダメージを世界を喰らう者、ポルクラノスに与える。

5/5

怪物化した際に、対戦相手クリーチャーダメージ与え合う伝説のクリーチャー

基本性能だけでも4マナ5/5で伝説性以外にデメリットを持たず、さらに怪物化した際にはサイズ強化と同時に複数のクリーチャーを除去しやすい格闘に似た能力を発揮する。扱いやすく強力で、なおかつコスト・パフォーマンスに優れた優秀なクリーチャーである。

怪物化する際の起動コストXが二つ含まれるためそれほど大きな値にするのは難しいが、次のターンに5マナ(X=2)で起動しても十分に強力だし、爆発的なマナ加速によってさらに大きなXを確保できるようならなお強力。同時に登場したニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Revelerなどと相性がよく、スタンダードコロッサルグルールグルールミッドレンジでさっそく採用されて成果を挙げている。ローテーション後は緑系デッキ全般への逆風となっていた青単信心黒単信心が退場したこともあり、緑単信心ティムールモンスターで採用されている。

  • 怪物化クリーチャーすべてに言えることだが、既に怪物的になっている場合、さらに怪物化することはできない。特にポルクラノスの場合は、Xをより大きな数値にできるようになるまで怪物化を控えるプレイングも重要である。

[編集] ルール

  • 怪物化時にポルクラノスが与えるダメージはX点である。ポルクラノスのパワーと同じ数値ではない。「格闘に似た能力」と大雑把に理解していると勘違いしやすいので注意。
  • 怪物的になったときに誘発する誘発型能力のXの値は、怪物化する起動型能力のXの値と同じ値を用いる(CR:701.30c)。
    • 何らかの理由で、怪物化時に乗せた+1/+1カウンターの個数が変化していても、Xの値は変化しない。
  • 誘発型能力で各対象割り振るダメージの値は、解決時ではなく能力がスタックに置かれる際、対象を指定するのと同時に行う。各対象には少なくとも1点以上のダメージを割り振らなくてはならない。
  • 怪物化能力をX=0で起動した場合は、+1/+1カウンターは置かないが、怪物的になる。怪物的になったときの能力は誘発するが、割り振るダメージが無いので対象を取ることはない。
  • 誘発型能力は厳密には格闘とは異なり、ダメージを与え合うのは同時ではなく、まずポルクラノスがダメージを与えた後に対象のクリーチャーがポルクラノスにダメージを与える。何らかの理由によりポルクラノスが感染萎縮を持っている場合に違いが生じる。
  • 印刷時のルールでは対象に取れるクリーチャーが存在する場合、最低1体は対象に選ばなければならず、対戦相手が怪物化後のポルクラノスよりもサイズが大きいクリーチャーや接死持ちのみをコントロールしている時にも疑似格闘は不可避であった。基本セット2020での総合ルール更新により、望まないときは対象の数を0にすることが可能になった。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ポルクラノス/Polukranosテーロス/Therosの強大なハイドラ。封印から目覚め、エルズペス/Elspethの前に立ちはだかった。

詳細はポルクラノス/Polukranosを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif