世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nissa, Worldwaker / 世界を目覚めさせる者、ニッサ (3)(緑)(緑)
プレインズウォーカー — ニッサ(Nissa)

[+1]:あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それはトランプルを持つ4/4のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。
[+1]:森(Forest)を最大4つまで対象とし、それらをアンタップする。
[-7]:あなたのライブラリーから望む数の基本土地カードを探し、それらを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。それらの土地はトランプルを持つ4/4のエレメンタル・クリーチャーになる。それらは土地でもある。

3

基本セット2015で登場した2枚目のニッサ忠誠度能力土地クリーチャー化、土地のアンタップ、土地のサーチ&クリーチャー化で、すべて土地に関連している。

1番目の+1能力
土地のクリーチャー化。槌のコス/Koth of the Hammerの+1能力に似ているが、あちらとは異なり効果は永続する。
土地を消費するとはいえ、4/4トランプルクリーチャーを毎ターン生み出せるのは強力。アンタップ状態かつ前のターンからコントロールしている土地を対象にすれば、実質的な速攻アタッカーにもなる。
2番目の+1能力
のアンタップによるマナ加速
ニッサを唱えたターンには隙を埋めることができ、次のターンからは一気に最大で9~10マナ域までジャンプアップすることができる。自身の能力でクリーチャー化した森に擬似的な警戒を持たせることも可能。
基本的に緑単色デッキ向きの能力だが、登場時のスタンダードではショックランドがあるため、多色デッキでも運用できないことはない。
-7能力
未開の狩り/Hunting Wildsに似た基本土地のサーチ&クリーチャー化。
緑単色デッキでは大量の4/4トランプルを並べることができ、返しのターンに全体除去さえ撃たれなければほぼゲームを決められる。

特に1番目の+1能力が強力であり、登場直後からジャンドプレインズウォーカーズに採用されている。クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphixで引きすぎた土地を有効札に換えることができるのが利点。

  • 忠誠度能力の+-数値は全てニッサ・レヴェイン/Nissa Revaneと同じ数になっている。また大マイナス能力は特定のカード・タイプをライブラリーから探し、戦場に出すという点が共通している。
  • 1番目の能力は全ての土地に対して使える、2番目の能力は森限定、3番目の能力は基本土地限定、と能力によって対応する土地が全て異なる点には注意。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2015プレインズウォーカーサイクルリリアナ・ヴェス/Liliana Vess紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster再録

他にも、多色カード頂点捕食者、ガラク/Garruk, Apex Predatorが存在している。

[編集] ストーリー

故郷ゼンディカー/Zendikarで、自らが解き放ってしまったエルドラージ/Eldraziと戦い続けるニッサ/Nissa。死の危機にあった彼女を助けた人間の男ハマディ/Hamadiは、彼女にシャーヤ/Shaya――「世界を目覚めさせる者/Worldwaker」を意味する名前を与えた。

詳細はニッサ・レヴェイン/Nissa Revane (ストーリー)を参照。

  • 初代ニッサがエルフの一族を率いる者としての性格が強いデザインであったのに対し、こちらはニッサの自然魔道士/Nature-mage(ドルイド)としての側面をクローズアップしたデザインになっている。これはデザイン上の制約のほか、ストーリー上での彼女の心情の変化を反映させているためである。(参考/翻訳)

[編集] 参考

QR Code.gif